新港で災害対応型巡視船「いず」一般公開-「海猿」救護訓練も

横浜海上保安部が所属する巡視船「いず」

横浜海上保安部が所属する巡視船「いず」

  • 0

  •  

 横浜赤レンガ倉庫に隣接する横浜海上防災基地内(横浜市中区新港)で11月30日、海上保安制度創設60周年を記念して横浜海上保安部所属の巡視船「いず」が一般公開される。

 当日は特殊海難に対する高度な設備を備え、主に海難救助にあたる災害対応型巡視船「いず」(全長110メートル、3,500トン)の内部見学のほか、通称「海猿」と呼ばれる海上保安庁潜水士による救難訓練や、海上保安庁の制服や防火服の試着体験などを実施する。

[広告]

 巡視船「いず」は、災害対策本部機能、医療・宿泊・生活援助機能、被災者・防災資機材輸送機能、潜水支援機能、ヘリコプター支援機能を有し、大規模な自然災害などが発生した場合、現場に急行し、人命救助から医療、保護等の被災者の支援、現場における関係機関との連携、海上保安庁の巡視船艇の指揮など、災害現場における中枢組織として活動にあたることができる。海上保安制度は、1948年5月に海上保安庁法が施行され、海上における人命・財産の保護、海上の安全や治安の確保を目指したものとして確立された。

 開催時間は11時~16時(15時30分入場締め切り)。入場無料。

 横浜海上防災基地は、海上保安庁の基地で、平常時は、第3管区海上保安本部・横浜海上保安部等の庁舎として各種訓練や研究に使用されている。海上災害発生時には、巡視船・航空機を利用した災害応急対策活動の中核拠点として使われる。また、工作船展示室が併設され、2001年12月の不審船追跡事件の九州南西海域工作船事件の際に巡視船と交戦の末、沈没した北朝鮮の工作船が展示されている。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?