Googleが横浜で開発者向けイベント-最新テクノロジーを紹介

昨年の「Google Developer Day」の様子

昨年の「Google Developer Day」の様子

  •  
  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)で6月10日、Google(グーグル)がウェブ開発の最新技術を紹介する「Google Developer Day 2008 Japan」が開催される。

 同イベントは、ウェブ開発者を対象にGoogle独自の技術・製品や、一般的なウェブアプリケーション開発に関する知識の共有を目的に行われるもの。昨年は世界10都市で開催された。今年は世界13都市で開催。5月28日のサンフランシスコでの開催に続き、横浜は2番目となる。

[広告]

 基調講演は、グーグルの携帯電話プラットフォーム「Android(アンドロイド)」の開発責任者のアンディ・ルービンさん。Googleがアプリケーションの開発促進を狙い昨年10月に発表したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)向けソフト開発の共通規格「OpenSocial(オープンソーシャル)」について同社モバイルプロダクト開発チームのソフトウエアエンジニア丹羽智史さんが解説するセッションのほか、位置情報を検索できる「Google Maps」、「Google Earth」上に建物が簡単に描画・配置できる「SketchUp」などの技術を13のセッションで紹介する。

Google Developer Day 2008 Japan横浜の地域SNS「ハマっち!」、一般公開を前にシンポジウム(ヨコハマ経済新聞)横浜市が昭和初期の地図をWEBで公開-Google Earthで表示可能(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?