「シウマイ弁当」でアフリカの学校給食へ寄付-崎陽軒

「アフリカのハラペコを救え。」

「アフリカのハラペコを救え。」

  •  
  •  

 崎陽軒は「第4回アフリカ開発会議」(TICAD IV)の開催に合わせ5月28日より3日間、看板商品「シウマイ弁当」の売り上げの一部をアフリカの学校給食に寄付する。横浜市などが実施している募金キャンペーン「アフリカのハラペコを救え。」の一環。

 期間中は「アフリカのハラペコを救え。」のロゴマークが入った特別バージョンの掛け紙のシウマイ弁当を販売。神奈川県内店舗で販売した「シウマイ弁当」(740円)の全売り上げのうち1パーセントを国連世界食糧計画(WFP)を通じて寄付される。

[広告]

 「第4回アフリカ開発会議」(TICAD IV)は、5月28日よりパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)で開幕した。国連や世界銀行などが共催しアフリカの発展を議論する。東京以外での開催は、今回の横浜が初めてで、アフリカ諸国51カ国の代表のほか、アジア諸国や欧米の支援国、関係国際機関の代表者が参加している。

崎陽軒アフリカ開発会議(横浜市)山下公園で貧困撲滅イベント-世界的ロックスターも登場(ヨコハマ経済新聞)インターコンチでアフリカ料理のチャリティービュッフェ(ヨコハマ経済新聞)「アフリカ開発会議」に向け支援キャンペーン-横浜市(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?