中華街で「フードアナリスト」資格取得ツアー、日本旅行が女性限定発売

「揚州茶楼」で提供されるコース料理

「揚州茶楼」で提供されるコース料理

  • 0

  •  

 日本旅行(東京都港区)は12月22日より、「食」にまつわる評価・分析の専門家「フードアナリスト」の資格取得ツアー「美味しく学ぶ旅・横浜編」を女性限定で発売する。

[広告]

 「フードアナリスト」は、味覚だけでなく、店舗のインテリアや料理の歴史、法律などの総合的な知識を持ち、消費者の立場からレストランの「1つ星」から最高で「5つ星」までを格付けをする専門家。2005年11月に設立された日本フードアナリスト協会が認定している民間資格で、現在約2,000人が認定を受けている。資格取得者は、飲食店に関連するプロデュースや商品開発、雑誌などの記事執筆などの分野での活動が見込まれている。ツアーは今回が初の試みで、飲食店を格付けしたガイドブック「ミシュランガイド東京」が話題になるなど、「食」への関心が高まる中、女性をターゲットに楽しみながら学んでもらおうと企画された。

 ツアーは、1泊2日で、フードアナリスト4級資格を取得できるもの。中華街にある「揚州茶楼」内で、講義や肉まんや餃子作りの講習、修了試験を開催する。夕食には特別に同店のコースも用意。宿泊は、ホテルルートイン横浜馬車道。

 開催日は2月22日と3月7日。旅行代金は、シングル利用=54,800円、ツイン利用=52,800円(資格取得受講代、ホテル1泊朝食・夕食・2日目昼食代込み)。

美味しく学ぶ旅・横浜編

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース