新型コロナ関連速報:市2386人/県8184人

未公開の中国・香港映画を上映-ムービルで「中国映画祭」

映画「恋するふたり」より

映画「恋するふたり」より

  • 0

  •  

 横浜駅西口の映画館「ムービル」(横浜市西区南幸)と東京・赤坂の「草月ホール」(東京都港区)で11月22日より、中国・香港の日本未公開映画7作品を上映する「中国映画祭2007」が開催される。主催は日中映画祭実行委員会。

[広告]

 同映画祭は、日中間の文化交流を目的に2002年に始まり、日本で「中国映画祭」、中国で「日本映画祭」を相互に開催しているもの。今年は、日中国交正常化35周年記念事業「2007 日中文化・スポーツ交流年」の公式イベントとして開催。5回目となる今回は、「美男美女の祭典」と題して中国・香港で近年話題となった娯楽性のある作品を中心に上映するほか、若手映像クリエーターによるデジタル映画や、中国・香港のCM作品を集めた「世界のCMフェスティバル・番外編 中華圏特集」を上映する。

 作品は、モデル・女優と経て現在ドキュメント映画監督として知られる王分(ワン・フェン)さん初長編劇映画「スーツケース」、映画「the Eye」の李心潔(アンジェリカ・リー)さんと実力派若手俳優として人気のある劉燁(リウ・イエ)さんが恋人役を演じるラブストーリー「恋するふたり」、香港の俳優・呉彦祖(ダニエル・ウー)さんの初監督作品で撮影のために結成したバンドの活動を通じて、香港音楽界の現状を描く疑似ドキュメンタリー「四大天王」など。

 同実行委員会の吉田啓さんは「最近は、中国の作品を扱った映画祭が各所で多数開催されている。日中映画祭では、今後もエンターテインメント性や話題性を重視した作品上映で他の映画祭と差別化を図っていきたい」と話す。

 開催は草月ホール=11月22日~同24日、ムービル=11月24日・同25日。チケットは前売り=1,000円、当日=1,500円。

中国映画祭2007ムービル(映画ナビ)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース