天気予報

24

12

みん経トピックス

アジア学生映画47作品上映横浜でインド光の祭典

赤レンガ倉庫で「横浜・タイフェス」-タイ料理屋台38店参加

 赤レンガ倉庫(横浜市中区新港)で10月27日・28日の2日間、「アジア」をテーマにした観光施設などのプロモーション事業「横浜アジアンウェーブ」の一環で、タイ料理飲食店など48社が参加してタイ文化を紹介する「横浜・タイ・フェスティバル2007」が開催される。

 同イベントは、アジアの教育環境を支援する「アジア子供教育基金協会」が設立20周年をきっかけに、日・タイ両国の修交120周年を記念して初めて開催するもの。イベントの収益は、タイ南部への救急車寄贈、スマトラ沖地震の孤児救済とインド・カルカッタ地震による津波で流出した学校建設資金として使用される。

 会場には、タイの伝統的な薬膳スープ「トムヤムクン」やタイ風焼きそば「バッタイ」などを提供する屋台38店舗とアクセサリーやシルク製品、民芸品などの販売ブース20店舗が出店。そのほか、ステージではタイ式ボクシング「ムエタイ」の形演技や古典舞踏などのパーフォーマンスが行われる。

 開催時間は10時~20時。入場無料。

横浜・タイ・フェスティバル2007関連記事(アジアのイベント一堂に-「横浜アジアンウェーブ」開催へ)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

普段着としての楽しい着物を普及することを目的に活動する任意団体「きものDE交流」は4月30日、元町・中華街エリアで着物で街に繰り出す交流会「きものDE交流~着物で街を埋め尽くせ」を開催する。交流会は今回で35回目で横浜での開催は初。これまでの参加者は延べ1,500人を超える。代表の木口郁瑠さんは「着物を愛する方々や、着物に興味のある方々のために、着る場所・機会・仲間・知識・着付け、と必要なものは全てそろえている。『着物を体験してみたいな!』と思ったその時に気軽に参加してもらえれば」と話している。集合は14時にアメリカ山公園。参加費無料。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング