天気予報

24

12

みん経トピックス

名車100台が横浜に集結みなとみらいマリンショー 

未来の巨匠を発掘「みなと映画祭」-大杉連さん出演作品も

未来の巨匠を発掘「みなと映画祭」-大杉連さん出演作品も

学生達が撮り下ろした作品「Mogera Wogura」の1シーン

写真を拡大 地図を拡大

 情報文化センター(中区日本大通11)で5月12日と13日、関東近郊の学生が中心になって運営する「みなと映画祭」が開催される。同イベントは、夢抱く学生にチャンスを与え、開催地である横浜の人たちや、企業、自治体なども参加できる映画祭を目指すもので、同日みなとみらいで行われる「第一回学生の祭典」と相互協力で開催される。

 上映される作品は、早稲田大学と慶応義塾大学の学生が中心となって撮り下ろした、横浜を舞台に、大杉漣さんらプロの俳優陣が出演する「Mogera Wogura」や、若手クリエーターから募った一般公募から4作品のほか、昨年公開の大ヒット映画「タイヨウのうた」の小泉徳宏監督が、学生時代に撮った作品「行列のできる刑事」他3作品。作品上映前には、与えられたテーマをより分かりやすく、正確に表現することへの限界に挑戦した、学生と企業のコラボレーションCMが流れる。

 みなと映画祭実行委員長稲垣さんは「開港150周年の歴史ある文化的な地から、情報を発信し、横浜を盛り上げたい。この映画祭を通して自主制作映画に触れてもらい、観るきっかけになれば」と話す。

 開催は、12日は18時30分から前夜祭、13日は11時から本祭。入場料は、前夜祭700円、本祭1,000円。

みなと映画祭学生の祭典関連記事(ヨコハマ経済新)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

普段着としての楽しい着物を普及することを目的に活動する任意団体「きものDE交流」は4月30日、元町・中華街エリアで着物で街に繰り出す交流会「きものDE交流~着物で街を埋め尽くせ」を開催する。交流会は今回で35回目で横浜での開催は初。これまでの参加者は延べ1,500人を超える。代表の木口郁瑠さんは「着物を愛する方々や、着物に興味のある方々のために、着る場所・機会・仲間・知識・着付け、と必要なものは全てそろえている。『着物を体験してみたいな!』と思ったその時に気軽に参加してもらえれば」と話している。集合は14時にアメリカ山公園。参加費無料。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング