天気予報

9

4

みん経トピックス

名車100台が横浜に集結みなとみらいマリンショー 

未来の巨匠を発掘「みなと映画祭」-大杉連さん出演作品も

  • 0
未来の巨匠を発掘「みなと映画祭」-大杉連さん出演作品も

学生達が撮り下ろした作品「Mogera Wogura」の1シーン

写真を拡大 地図を拡大

 情報文化センター(中区日本大通11)で5月12日と13日、関東近郊の学生が中心になって運営する「みなと映画祭」が開催される。同イベントは、夢抱く学生にチャンスを与え、開催地である横浜の人たちや、企業、自治体なども参加できる映画祭を目指すもので、同日みなとみらいで行われる「第一回学生の祭典」と相互協力で開催される。

 上映される作品は、早稲田大学と慶応義塾大学の学生が中心となって撮り下ろした、横浜を舞台に、大杉漣さんらプロの俳優陣が出演する「Mogera Wogura」や、若手クリエーターから募った一般公募から4作品のほか、昨年公開の大ヒット映画「タイヨウのうた」の小泉徳宏監督が、学生時代に撮った作品「行列のできる刑事」他3作品。作品上映前には、与えられたテーマをより分かりやすく、正確に表現することへの限界に挑戦した、学生と企業のコラボレーションCMが流れる。

 みなと映画祭実行委員長稲垣さんは「開港150周年の歴史ある文化的な地から、情報を発信し、横浜を盛り上げたい。この映画祭を通して自主制作映画に触れてもらい、観るきっかけになれば」と話す。

 開催は、12日は18時30分から前夜祭、13日は11時から本祭。入場料は、前夜祭700円、本祭1,000円。

みなと映画祭学生の祭典関連記事(ヨコハマ経済新)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜歴史資産調査会は、「野毛都橋商店街ビル」(横浜市中区宮川町1)を歴史的建造物として保存活用するため、公益財団法人横浜市建築助成公社から寄贈を受けて所有することになった。同ビルは、1964年の東京オリンピックを契機として野毛周辺などの路上で営業していた露店などを収容するために、同年に建設された共同店舗。2016年12月に横浜市登録歴史的建造物に登録された。現在、横浜野毛商業協同組合が管理運営を行い、約60の店舗が営業している。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング