天気予報

25

14

みん経トピックス

「国産地ビール専門」バー家具専門店に併設カフェ

有隣堂で「JAZZ」がテーマのイラスト展-108人の作家が出品

  • 0
有隣堂で「JAZZ」がテーマのイラスト展-108人の作家が出品

有隣堂ギャラリーで「わたしとJAZZ」展が開催されている(写真=ギャラリー内観)

写真を拡大 地図を拡大

 有隣堂本店(横浜市中区伊勢佐木町1、TEL 045- 261-1231)書籍館地下1階の有隣堂ギャラリーで現在、「わたしとJAZZ展」が開催されている。

 同展は、東京イラストレーターズ・ソサエティの協力での下、同会員のイラストレーターが「横浜」から連想されるキーワードをテーマに描いた作品を展示する恒例の企画で、これまでに「わたしの赤い靴展」「わたしのフランス物語展」を開催している。今回は、安西水丸さん、宇野亜喜良さん、和田誠さんなど108人が「わたしとJAZZ」をテーマに描いた作品それぞれ1点を出品し、展示販売している。

 作品は、好きなミュージシャンやレコード、楽器をモチーフとしたものや、ジャズから連想されるイメージをイラストにしたものなどさまざまで、各作品の横には、作家の似顔絵付きのコメントが掲示されており、作家の作品への思い入れを知ることができる。田代卓さんの作品「YOKOHAMA STARDUST JAZZCLUB」では、架空のジャズクラブの看板を描いた。また、安齋肇さんはマイルス・デイビスをモチーフにした作品「マイレージ」を出品している。

 同店の遠藤店長は「若い作家からベテランまでの作品を一堂に展示しているのが特徴。このイラスト展は好評で、初日に並ぶお客様もいる。今後も継続して開催していきたい」と話している。

 作品販売価格は額込みで1点39,250円~(非売品あり)。ギャラリーの営業時間は10時~18時(最終日は17時まで)。入場無料。2月27日まで。

有隣堂東京イラストレーターズ・ソサエティ

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)大さん橋ホールで4月21日と22日、ハワイラヴァーズのフェスティバル「H.I.S. presents LOVE HAWAII Collection 2018」が開催される。「音楽、フラ、アート、ショップ、フードを通じ、夢、希望、情熱を感じることで“人と人とのハッピーをつなぐ”」ことを目指し2010年にスタートした日本最大級のフライイベント。毎年3万人以上を動員し、今年で9年目となる。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング