天気予報

32

26

みん経トピックス

米軍施設返還後の街づくり日産が赤レンガでイベント

セガ、横浜に「ジャムおじさんのパン工場」をプロデュース

  • 0
セガ、横浜に「ジャムおじさんのパン工場」をプロデュース

「ジャムおじさんのパン工場」完成予想図

写真を拡大 地図を拡大

 大手ゲームメーカーのセガ(東京都大田区)は、4月20日にオープンする「横浜アンパンマンこどもミュージアム」内に、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」をテーマにしたベーカリー&カフェ「ジャムおじさんのパン工場」をプロデュースする。

 「ジャムおじさんのパン工場」は、1階に30坪のベーカリーショップ(パン屋)、2階に購入したパンを食べられる32坪のイートインカフェの2つのフロアで構成。ベーカリーショップでは「アンパンマン」、「ばいきんまん」、「しょくぱんまん」などのキャラクターを模したオリジナルのキャラクターパン12種などを販売するほか、ガラス張りの厨房では、パン作りの工程や焼きたてのパンを見ることができる。イートインカフェでは、パーティーやパン教室などのイベントも行う予定。

 「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、「それいけ!アンパンマン」をテーマにした首都圏初の施設で「ミュージアム」と、「モール(商業施設)」の2つの要素で構成される。「ミュージアム」は、展示やアトラクションで構成され、付帯施設のシアターでは映像プログラムの上映などを予定している。「モール」はアンパンマンのキャラクター物販をはじめ、親と子で楽しめる飲食店やサービス施設を展開する。運営事業体は「アンパンマンミュージアム&モール有限責任事業組合」で、日本テレビ音楽、バンダイ、バンプレスト、セガ、不二家など「それいけ!アンパンマン」のキャラクターに関するライセンサー、ライセンシーなどを中心とする22社により、昨年8月22日に出資金19億1,000万円で設立された。

横浜アンパンマンこどもミュージアム関連記事(ヨコハマ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アート拠点「BankART Studio NYK」で横浜トリエンナーレ連携プログラム「BankART LifeV 観光」が開催中。元倉庫の大規模な空間を活用し、大型の作品群「NYK ISLAND 森と花と海の神秘な世界」を展開する。写真は井原宏蕗さん《fading -increasing-》
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

【横浜ものしりクイズ】横浜開港後、外国人居留地の前面に「フランス波止場」が築造されたが、現在は何になっているか?

アクセスランキング