新型コロナ関連速報7日:市内597人を確認

見る・遊ぶ

関内に「シタディーンハーバーフロント横浜」 2023年6月に開業

画像提供:大成建設

画像提供:大成建設

  • 90

  •  

 NTT都市開発(東京都千代田区)は12月6日、横浜市中区で開発を進めている「横浜日本大通りプロジェクト」内のホテルの名称を「シタディーンハーバーフロント横浜」(横浜市中区日本大通5)に決定し、2023年6月14日に開業すると発表した。

「シタディーンハーバーフロント横浜」位置図

[広告]

 ホテルと商業テナントを有する施設は、地下鉄みなとみらい線「日本大通り」駅至近に位置し、神奈川県庁、横浜市役所などの官公庁や横浜スタジアム、山下公園、横浜中華街などの観光名所も徒歩圏内にある。

 施設は「"都市と自然が融合し、和と洋の歴史的文化が交わる街"での『活動と休息』」がコンセプト。建物は地上17階、地下2階で高さ約60メートル。

 シンガポールに本社を置くアスコット社が展開するサービスレジデンスブランド「シタディーン(Citadines)」の客室は24~93平方メートルで、242室を備える。付帯設備は、2つの会議室、フィットネスジム、屋外テラスにアクセスできるラウンジラウンジなど。計画に合わせ、地下鉄みなとみらい線「日本大通り駅」の出入口を敷地内に新設する。

 建物は、かつて横浜電話交換局があり、1890年に横浜と東京間において日本で初めて電話交換業務が開始されたことから「電話交換創始の地」として知られている。

 シタディーンは、アスコットがグローバルに展開するサービスアパートメントブランド。フランス語で「都市生活者」を意味し、世界中で180施設以上を展開。日本では、東京・新宿に2施設、京都・五条、大阪・なんばの4施設を展開している。

 NTT都市開発は、2018年1月に世界各国に宿泊施設を展開するアスコット社と事業提携契約を締結し、サービスアパートメント開発における事業協力を行っている。

 同社は「NTTグループとしても歴史的にゆかりのあるこの地において、本プロジェクトを通じ、新たに人と人とのつながりを創出していく」としている。

 12月20日から、2023年7月1日以降の宿泊予約の受付を開始する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース