新型コロナ関連速報7日:市内597人を確認

見る・遊ぶ

「市営地下鉄開業50周年記念こども無料デー」 横浜市電保存館も入館無料に

  • 52

  •  

 横浜市交通局は、市営地下鉄が開業50周年を迎えるにあたり「市営地下鉄開業 50 周年記念 こども無料デー」を12月17日に実施する。

横浜市営地下鉄開業当時の装飾電車

[広告]

 小児(小学生以下)を対象とした無料1日乗車券を12月17日に各駅で配布する。駅係員へ券面を提示することで横浜市営地下鉄全線(ブルーライン、グリーンライン)が終日乗り降り自由となる。横浜市交通局ホームページに掲載されている券面画像を表示することや、ダウンロードして印刷して利用することもできる。横浜市立小学校の児童へは、学校を通じて配布する。

 横浜市電保存館(磯子区滝頭)では、17日に限り、無料1日乗車券の掲示で小児の入館料が無料となるほか、数量限定でプレゼントを配布する。

 交通局高速鉄道本部営業課の入江洋二郎課長は「おかげさまで今年で50周年を迎える。感謝の気持ちを込めてのこども無料デー。多くのお子様にご利用頂きたい。この機会にぜひ市営地下鉄でお出かけください」と話している。

 横浜市営地下鉄は1972年12月16日に、上大岡駅~伊勢佐木長者町駅間での運行で開業した。ブルーラインは現在、湘南台駅~あざみ野駅間に延伸している。

 また、日本郵便南関東支社は、「オリジナル フレーム切手『横浜市営地下鉄開業50周年』」を市営地下鉄沿線の郵便局ほかで限定発売する。開業時の記念乗車券や開業周知ポスター、市営地下鉄の歴代車両などを題材とした写真のフレーム切手で、12月8日から横浜市と藤沢市の一部の郵便局計75局で販売する。販売部数は500 シート。84円切手×10枚で価格は1シート=1,330円。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース