新型コロナ関連速報7日:市内597人を確認

見る・遊ぶ

象の鼻テラスで「光のアートイベント」 夜の公共空間の楽しみ方提案

アートプログラム「あいうえおはな」作品イメージ

アートプログラム「あいうえおはな」作品イメージ

  • 104

  •  

 象の鼻テラス(横浜市中区海岸通1)と周辺エリアで12月9日~11日、「ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2022」が行われる。

ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2022 プログラム

[広告]

 アートの創造性を用いて公共空間の新しい使い方を提案する社会実験プロジェクトとして2019年に始まった。今年は「ネクストノーマル・ナイトライフ」をテーマに、光のアートイベントを開催する。2011年から2019年まで行われた「スマートイルミネーション横浜」の、「省エネ技術とアートを融合し、環境にやさしい、未来の夜景を提案する」コンセプトも引き継ぐ。

 5組の招待作家によるアートプログラムでは、今年のテーマを表現する作品を展示する。ウラングラスで乾杯するバーカウンター「バー 92 ユー」(L PACK.)、思いを届ける光の花畑「あいうえおはな」(髙橋匡太)、巨大な動物彫刻「夕暮れと夜明けのあいまに」(WA!moto. "motoka watanabe")、「自連車」(東弘一郎)、「テレ・エアー・カウンターポインツ(港湾にて)」(上野悠河)。一部プログラムではワークショップも行う。

 横浜国立大学、横浜市立大学などの大学・大学院・専門学校の研究室と、KDDI総合研究所などの企業が参加するプログラムも開催。「学生の発想や企業の技術力を生かし、新たな時代のナイトライフを提案する」という。

 横浜を中心とした企業やクリエーターによる「マルシェ&ミュージック」、夜景写真講座、スマートフォンを使って誰でも参加できる展示のほか、第1回「フューチャースケープ・フォトコンテスト」も同時開催する。

 開催時間は16時30分~19時30分。一部の参加型プログラムは事前予約優先。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

相鉄・東急 新横浜線 2023年3月開業予定 どう思う?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース