新型コロナ関連速報15日:市3748人/県90…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

100人のサンタが大岡川からみなとみらいをSUPでパレード

撮影:橘高禎利

撮影:橘高禎利

  • 3

  •  

 大岡川桜桟橋(横浜市中区日ノ出町2)からみなとみらい21地区の水上で「ヨコハマSUPサンタクルーズ」が12月19日に開催された。

横浜サンタ清掃「ハマっ子 サンタ記念日2021」

[広告]

 約100人のSUP(スタンド・アップ・パドルボード)と呼ばれる立ち漕ぎボードやカヌーに乗ったサンタクロース姿の有志メンバーは、日ノ出町にある大岡川の桜桟橋を出発。

 横浜市役所の新庁舎前を経由してみなとみらいワールドポーターズ前までの約1時間、集まった観衆の声援を受けながら運河パレードを行った。

 当日は、桜桟橋周辺と水上で、ゴミを集めるクリーンアップも実施。大岡川の川沿いでは横浜好きによるオンライングループ「I LOVE YOKOHAMA」メンバーらによる清掃活動「ハマっ子 サンタ記念日」が行われた。

 主催した横浜SUP倶楽部(中区日ノ出町2)は、横浜で毎日SUPができる環境づくりを目指して、2013年からSUPのスクールやクルージング、レース、リバークリーンのほか、水域の安全利用のルール作りなどに取り組んでいる。

 横浜SUP倶楽部の柿澤寛代表は「川のごみ問題を解決すること、そして都市部の水域で安全にSUPを楽しめるフィールドが横浜にあることを広く知ってもらいたい」と話す。

 SUPは、サーフボードのようなボードの上に立ち、パドルで漕ぐウォータースポーツ。1960年代にハワイ・ワイキキで、大きなサーフボードの上でオール(パドル)を使い漕ぐスタイルが始まったという。海・川・湖などの水辺で、子供から高齢者まで誰でも楽しめる新しいマリンスポーツとして人気が高まっている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース