新型コロナ関連速報7日:市内2197人を確認

暮らす・働く

横浜市営地下鉄ブルーラインに新型車両「4000形」 2022年5月に運行開始

「海辺の先進的な都会感」をコンセプトとして位置づけスピード感を感じさせるデザインに

「海辺の先進的な都会感」をコンセプトとして位置づけスピード感を感じさせるデザインに

  • 100

  •  

 横浜市交通局は12月13日、市営地下鉄ブルーラインに新型車両「4000形」を導入すると発表した。2022年5月に営業運行を開始する。

ブルーライン新型車両「4000形」のインテリアイメージ

[広告]

 車両は、横浜市による調査から「横浜のイメージ」や「横浜らしさ」を抽出し、「海辺の先進的な都会感」をコンセプトに、凛(りん)とした佇(たたず)まいとスピード感を感じさせるデザインとした。機能面では、バリアフリーや快適性の向上に加え、防犯カメラの導入など安全性も向上する。

 先頭車両の外観は、従来のブルーラインの面影を残しつつ、全体的に平面や直線のエッジを際立たせた構成。さまざまな方向を向いた面が、見る角度とともに先頭形状の表情を変化させ、躍動感を感じさせるデザインとなる。

 機能面では、ドア開閉予告灯、車いす固定具など従来のバリアフリー機能に加え、車いす・ベビーカーエリアに2段手すりや床面表示を新たに設置。さらに、座席幅を480mmに拡大したほか、座面の材質を見直し座り心地を向上させた。

 インテリアは、床面をブルーラインのシンボルカラーであるブルー、壁面をグレーとし、出入口には注意喚起色であるイエローを配置した室内カラーリングとなる。ゆずりあいシート部の床面は赤、壁面を白とすることで認識しやすさを向上する。

 今までのバリアフリー機能(ドア開閉予告灯、車いす固定具など)に加え、車いす・ベビーカーエリアに2段手すりや床面表示を新たに設ける。

 着座位置が分かりやすいバケットシートはそのままに、座席幅を従来の470ミリから480ミリに拡大。座面の材質を見直したことで座り心地を向上させる。シート端部の袖仕切りは大型化し、座っている乗客にも立っている乗客も快適性の向上をはかる。

 車両には、セキュリティー向上を目的として車内防犯カメラを1両あたり3台設置する。車両間の貫通扉はガラス製とし衝突防止対策として横浜をイメージしたパターンを施すほか、車内抗菌を実施する。

 新型車両4000形は、現在ブルーラインで保有している車両のうち、最も古い形式である3000A形車両(28年経過)に代わる車両として導入。2023年度までに全8編成を導入する計画で、第1編成目は、2021年12月に納車され、試運転を行い、2023年5月に営業運行を開始する。2022年度に5編成、2023年度に3編成の運行を開始する予定。

 横浜市交通局技術管理部車両課の山畑勝課長は「今までのデザインを残しつつ、全面を変更した。長きにわたって車両を愛して頂けたら」とコメントしている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース