新型コロナ関連速報:市637人/県1859人

見る・遊ぶ

京浜急行電鉄が「空」を舞台とする新事業 ヘリコプター路線開設へ

  • 177

  •  

 京浜急行電鉄(横浜市西区高島1)とAirX(東京都新宿区)、サムライインキュベート(東京都港区)は、「空」を舞台とする新しい交通の形づくりを目指し、京急電鉄とAirXは資本業務提携に関する契約を締結した。

ヘリコプターから見える三浦半島エリアの街並み

[広告]

 京急電鉄とAirXはこれまで、エアーモビリティを活用した観光プランの実現と三浦半島の回遊性向上を目的とする「SKY RESORT MIURA」プロジェクトを実施し、三浦半島地区における遊覧旅行や宿泊付き商品の開発などの実証実験を行ってきた。

 今回の出資を通じて両社の関係性を強化し、共同で、東京・船橋・横浜エリアと三浦半島を結ぶヘリコプター路線の開設や、ヘリポートの運営事業を行うことで、新たな観光の創出を図っていく。サムライインキュベートは事業化に向けた伴走支援を行っていく。

 三浦半島におけるヘリコプター運航事業は、2021~2023年度に、三浦半島地区に常設ヘリポートを設置。東京、船橋、横浜と三浦半島に設置するヘリポートを結ぶ新規路線を開設するほか、三浦半島上空を巡る遊覧飛行商品や、三浦半島地区の施設のヘリコプター送迎つき宿泊プランを開発する計画。

 また、京急電鉄が「成長トライアングルゾーン」と位置付ける品川・羽田・横浜地区へのスカイポート(空の駅)の設置を2023~2025年度に取り組むほか、2025年度以降に「空飛ぶクルマ(eVTOL)」の商用化について検討を進め、空を観光だけではなく、移動手段とするような新たな交通の形づくりを目指す。

 京急電鉄とサムライインキュベートは「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出」を目指し、スタートアップとのオープンイノベーションによる新しい価値の創出を目指すプログラム「京急アクセラレータープログラム」を実施している。AirXは2019年度に実施した第2期の採択企業で、事業はプログラム発の協業事業として実施している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース