フォトフラッシュ

京急本社にミュージアムで出発進行

京急電鉄はグループ本社1階に京急ミュージアムを1月21日にオープンした。京急電鉄の前身である大師線電気鉄道の開通した1899年(昭和5)年に合わせた形になる。出発進行の合図合わせ、左から横浜駅長の高浜惣一さん、社長の原田一之さん、専務執行役員、道片隆さん、社内にタレントの中川家礼二さんが参加した。 オープンに際して京急電鉄社長の原田一之さんは「大師電気鉄道として日本で初めて標準線路幅(1435mm)の121年前の今日開通しました。その後京浜電気鉄道として品川横浜間を運行、三浦半島の目的に1930(昭和5)年に創業の湘南電気電鉄と京浜電気鉄道の中間として横浜は重要な拠点となりました。「本物を見て楽しむ」をテーマに120周年事業として再整備した車両やジオラマを楽しんでいただきたい」と語った。

  •  
  •  

京急グループ本社(横浜市西区高島)の1階に1月21日に「京急ミュージアム」がオープンした。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?