新型コロナ関連速報18日:市内103人・県内2…

食べる 買う

崎陽軒が「ありがとう185系踊り子記念弁当」を限定発売 JR東日本とコラボ

  • 3286

  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)とJR東日本横浜支社(西区平沼1)はコラボレーション企画として3月11日から13日まで、「ありがとう185系踊り子記念弁当」を店舗・数量限定で販売する。

「ありがとう185系踊り子記念ひょうちゃん」は緑色で2種類のデザイン

 JR東日本の3月のダイヤ改正をもって定期運用を終了する185系電車の活躍を振り返る記念弁当として、掛け紙には、海沿いを走り抜ける「185系」の写真と、「メモリアル 185(いっぱーご)」企画のロゴをデザインした。

[広告]

 内容は、車体の緑色のストライプを「青のり」で表現したごはん、特急「踊り子」の停車駅である小田原産の「小田原蒲鉾(かまぼこ)」、鉄道ファンに掛けて「鉄分多め」な小松菜と油揚げを昆布出汁で和え、こんにゃくとカニ風味蒲鉾の食感が楽しめる「小松菜とこおりこんにゃくとカニ風味蒲鉾と油揚げの和え物」、静岡方面の名産のみかんの形をした「みかん型大福」のほか、昔ながらのシウマイ、海老フライ、玉子焼き、鮭塩焼き、筍煮などを詰め合わせる。

 しょう油入れの「ひょうちゃん」は、「ありがとう185系踊り子記念ひょうちゃん」として緑色のデザイン2種類。

 崎陽軒は、「記念ひょうちゃんは、どちらのデザインが入っているかは開けてみてのお楽しみ」としている。

 価格は1,300円で、販売個数は3,000個(予定)。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、崎陽軒公式ウェブサイトでの完全予約制とする。受け付けは3月1日10時から。受渡し店舗は横浜駅中央店、崎陽軒本店ショップ、ビーンズ新杉田店、保土ヶ谷店、シァル桜木町店、横濱銘品館、JR東戸塚駅店、JR戸塚駅店、アトレ川崎店、ラスカ平塚店、大船ルミネウィング店、ルミネ藤沢店、ラスカ小田原店、ラスカ茅ヶ崎店、グランスタ東京店。

 国鉄時代の1981年3月に営業運転が開始された185系電車(クハ185形)は、特急・急行列車から通勤・通学時の普通列車まで幅広い用途に使用する設計思想が盛り込まれた車両で、特急「踊り子」や「湘南ライナー」などを中心に運転されてきた。JR東日本が定期列車で使用する最後の国鉄型特急車両。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース