新型コロナ関連16日:県内830人の感染者を確…

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜で「商店街映像祭」 コロナ禍で産声上げる

応募作品より

応募作品より

  • 123

  •  

 NPO法人ちいき未来は「よこはま商店街プレ映像祭」の最終審査を12月27日、ジュンズグリーンカフェ(横浜市中区伊勢佐木町6)からYouTubeでライブ配信する。

映像祭では一次審査風景

 同NPOは多様な文化をツールとした地域コミュニティー作りを手掛けており、横浜市内の商店街のプロモーション映像を地域の青少年などが作成することで、コミュニティのつながりを生み出すことを目指している。

[広告]

 映画監督の早川千絵さんが審査員を務め、80作品の応募があった。映像祭では一次審査通過作品19作を上映、審査結果が発表される。最優秀賞にはサイバーリンク社から編集ソフトが贈呈される。

 担当の森康祐さんは「今後はエリアを拡大し『かながわ商店街映像祭』の開催を目標にしたい。商店街や市民区民の交流になれば」と話し、規模拡大のためのスポンサーも募集している。

 当日の視聴はオンラインのみで可能。配信時間は14時~16時。横浜市市民公益活動緊急支援助成金の対象事業。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?