見る・遊ぶ

オービィ横浜が「グランドフィナーレ」 最終営業日は12月31日

  • 182

  •  

 セガグループが運営する動物とふれあえる屋内型パーク「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」(横浜市西区みなとみらい3)は、11月20日~12月31日まで、閉館までの期間限定イベント「オービィ横浜 グランドフィナーレ~7年分の感謝と恩返し~」を開催している。

オービィ横浜オリジナル動物擬人化キャラクター「CANON(カノン)」

 オービィ横浜は、2013年に世界初の「大自然超体感ミュージアム」として開業し、現在はデジタルと、アルマジロやカピバラ、オニオオハシなど珍しい動物たちがいるリアルとの調和によるライブ感あふれる感動体験を創造する「みなとみらいで動物とふれあえる屋内型パーク」として運営している。最終営業日は12月31日。

[広告]

 2019年春に開催した「恐竜くんとのコラボレーション」が復活し「ちいさな恐竜展」を開催。本物の化石標本の展示などにより恐竜について楽しく学ぶことができる。また、ワークショップや縁日、ビンゴ大会など館内で開催するイベントを実施する。

 日本最大級の大きさのスクリーンを備える「シアター23.4」では、オービィ横浜スタッフが選ぶシアタープログラムをリバイバル上映。自然の神秘に迫る「マジック・オブ・イエローストーン」や「アイスワールド」などのプログラムを期間限定で公開する。

 館内では、オービィ横浜限定サンリオのキャラクターとの15種類の限定コラボグッズなどを販売する。

 また、カピバラのモーニングルーチン、動物たちの入浴シーンなど営業時間外の動物たちの様子などを初公開する「知らなかったオービィ横浜」をYouTubeで12月から毎週火曜日と金曜日に配信する。

 開催期間中は、通常価格の半額で入館+エキシビションを楽しめる「ナイトパスポート」を毎日18時から販売する。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?