食べる 買う

「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」が9月25日にグランドオープン

カフェデザインは芦沢啓治建築設計事務所が担当

カフェデザインは芦沢啓治建築設計事務所が担当

  • 1163

  •  

 ブルーボトルコーヒージャパン(東京都江東区)は9月10日、ブルーボトルコーヒーとして横浜エリア2号店となる「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」を「MARK IS みなとみらい」(横浜市西区みなとみらい3)内に9月25日にオープンすると発表した。

BLUE BOTTLE GO BOTTLE:ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ先行発売

 横浜美術館の目の前に位置し、カフェ前のスペースにはブルーボトルコーヒージャパン初の公園を活用した屋外シーティングが広がる。ガラス張りの開放的な空間に、曲線やウッド素材が柔らかさを感じさせるカフェデザインは、芦沢啓治建築設計事務所が担当。カフェが位置するエリアを公園として捉え、公園の中心となるシンボルツリーとしてカフェが存在し、その木陰でゲストがゆったりと過ごすことができるような、温かみのある空間をデザインした。

[広告]

 店内の中央に位置する円形のカウンターやチェアなどの家具は、みなとみらいカフェのコンセプトに合わせてデザインされた「カリモク家具」によるオリジナル。カフェのオープン時には一部の家具の予約販売も予定している。

 ハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンク、ドラフトビール「ブルーボトルコーヒー ペールエール」のほか、注文後に焼き上げる「リエージュ ワッフル」、オープンサンドなどの軽食も提供する。

 店舗面積は114.13平方メートル。店内席数は、屋内=26席、屋外ベンチ席(2~3人用)=12台。営業時間は8時~20時。

 また、みなとみらいカフェ先行で、コーヒーキャンプマグ バイ ツバメ(3,200円、税別)、ブルーボトル ゴー ボトル(5,400円、税別)を発売する。

 ブルーボトルコーヒーは2002年にアメリカ・カリフォルニアで誕生。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げ、自社のロースタリーから焙煎(ばいせん)したてのコーヒーを提供。サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ボストン、ソウル、香港、東京、横浜、京都、神戸で90店舗以上を展開している(2020年9月現在)。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?