3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

お好み焼きころんぶすが「未来予約応援チケット」 若者の就労の応援を呼びかけ

関内のシェアースペース「泰生ポーチFRONT」のパン屋のおやじスタッフ

関内のシェアースペース「泰生ポーチFRONT」のパン屋のおやじスタッフ

  • 362

  •  

 若者支援事業を展開するK2インターナショナルグループ(横浜市磯子区東町)は、同グループが運営する飲食店などで使える「『未来予約』応援チケット」を販売している。

 チケットは、1枚1,000円で販売し、若者の就労の場づくりとして経営している「お好み焼きころんぶす」(石川町北口駅前店・根岸店)のほか、同グループが経営する「パン屋のオヤジ」、「にこまる食堂」で1,500円相当の金券として使える。

[広告]

 同チケットは、新型コロナウイルス感染拡大による営業時間の縮小や、来客数の減少などにより、売上が通常の半分~3分の1程度に落ち込む店の経営を継続し、若者の就労機会を無くさないようにしようと企画した。

 同グループが経営する「お好み焼きころんぶす」港南台店は、新型コロナウイルスの影響を大きく受け、5月末で閉店することが決まっている。同店は2002(平成14)年、生きづらさを感じる若者の働く場を作るために、当事者の親や協力者の出資により開店した。

 K2インターナショナルの岩本真実さんは「コロナの影響で大きな打撃を受けている。若者たちの職場を継続するために販売しているチケットは、K2の活動を応援すると共に『お好み焼きころんぶす』などで、お得なチケットとして10月以降にご利用いただける。皆さまの応援をお願いしたい」と呼びかける。

 利用期間は、2020年10月1日から12月の各店最終営業日まで。「『未来予約』応援チケット」の販売は6月13日まで。

 チケットは、同グループが展開している、石巻市の名産品・特産品を販売する石巻復興支援バザール「うんめえもん市」や、就農体験プログラム「にこまるソーシャルファーム」での商品購入にも使える。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?