3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜市がLINE公式アカウントを開設 新型コロナウイルス関連の最新情報を発信

横浜市LINE公式アカウント 画面イメージ

横浜市LINE公式アカウント 画面イメージ

  •  
  •  

 横浜市は4月24日、「横浜市LINE公式アカウント」を開設し、新型コロナウイルス感染症関連情報の配信を始める。

横浜市LINE公式アカウント:友だち登録の方法(QRコード)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「新型コロナウイルス感染症関連情報」を公式アカウントのトーク画面上に表示されるリッチメニューの1つとして、横浜市の特設ウェブページへリンクし、市内における陽性患者の発生状況・相談窓口や手続き窓口の案内、感染症予防対策の啓発・自宅で楽しめる親子遊びの紹介、市長から市民へのメッセージなど、新型コロナウイルス感染症に関連する最新情報を発信していく。

[広告]

 新たなサービスとして、粗大ごみの問合せや申込み、ごみの分別案内も開始。粗大ごみの手数料や収集日・搬入日が確認できる。また、粗大ごみの申込み・申込内容の確認・変更・取消ができる。

 サービスの利用には友だち登録が必要。横浜市は「今後もLINEを通じて市民の皆様に役立つサービスを展開していく。これを機会にぜひとも『友だち登録』してご活用ください」とコメントしている。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?