見る・遊ぶ

横浜赤レンガ倉庫に今年も野外リンク 15周年で「マムアンちゃん」とコラボ

「神宮Ice Messengers」が氷上でのシンクロナイズスケーティングを披露。

「神宮Ice Messengers」が氷上でのシンクロナイズスケーティングを披露。

  •  
  •  

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)イベント広場に11月30日、冬季限定の野外特設スケートリンク「アートリンク」がオープンした。

 アートリンクは2005年に始まり、野外スケートリンクをキャンバスに見立て、アーティストとのコラボレーションによるアート空間を提供している。

[広告]

 15周年となる今年は「ビッグイシュー日本版」に登場するキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるタイ出身アーティストのウィスット・ポンニミットさんとコラボし、会場にたくさんの「マムアンちゃん」を描いた。

 11月29日にウィスット・ポンニミットさんを迎え、オープニングセレモニーを開催。オープニングアクトに「神宮Ice Messengers」が氷上でのシンクロナイズスケーティングを披露し、その後、初日の無料滑走を多くの人が楽しんだ。

 ウィスット・ポンニミットさんは「お菓子とマムアンちゃんの世界で多くの人が滑ってほしい。多くのマムアンちゃんがいるので何人いるか探してみては」とメッセージを寄せている。

 1月4日に荒川静香さんに小中学生向けにスケート教室を予定。(18日まで申し込み受け付け)

 開催時間は13時~22時(土曜・日曜・祝日=11時~。)1・2月は21時まで。入場料は、大人=700円、3歳~高校生=500円、付き添い観覧料=200円。貸し靴料500円。
 2020年2月16日まで。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?