食べる

赤レンガ倉庫でキリンビールの体験型エキシビション「#カンパイ展」 フォトジェニックな仕掛けが満載

  •  

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)で、キリンビールのブランドの歴史や文化に触れ「カンパイ」シーンを体験できるエキシビション「#カンパイ展」が開幕した。7月25日まで。

赤レンガ倉庫の「#カンパイ展」ではグラスを置くと幻想的な模様が浮かび上がるインタラクティブ・テーブルも

 #カンパイ展は、キリンビール発祥の地である横浜の食文化の歴史とともに、キリンブランドの歴史と文化を紹介し、若者の間で「乾杯」のシーンが多様化してきたことを受け、飲みものを通じた人と人のつながりを感じる場として新しい「カンパイ」を来場者に体験してもうらうことを趣旨に開催。

[広告]

 会場は「KANPAI meets YOU」「横浜食文化開花」「キリンビール誕生」「キリンレモン90周年」「さわれる歴史」「カンパイホール」の6つの展示とドリンクスペースで構成されている。

 通常サイズの約10倍の巨大なピンク色のビール瓶の展示や、グラスを置くと幻想的な模様が浮かび上がるインタラクティブ・テーブル、フラッシュ撮影時に壁の模様が浮かび上がる仕掛けや、全長約13メートルの壁に描かれたキリンブランドの歴史の展示に触ると絵が動いたり音が鳴る仕掛け、プロジェクションマッピングを取り入れた双方向型の体験ができる工夫などが施され、フォトジェニックな写真や動画を撮影することができる。

 「カンパイホール」では、キリンラガービール、キリン一番搾り生ビールのほか、「スプリングバレーブルワリーCOPELAND」など6種類のクラフトビールなどを提供する。

 25日に開催された内覧会の挨拶でキリン株式会社執行役員の坪井順子さんは「横浜は開港から、世界の新しい文化に初めて出会い、新しいものをいち早く取り入れ、進化させてきた。いろいろな『ことはじめ』があり、ビールもその一つ。キリンはいつの時代も最高な『乾杯』が生まれることを目指してきた。『カンパイホール』では、今までとは少しちがう静かな『カンパイ』の場を用意している。各展示は自分たちで楽しみ方を発見していく仕組みになっている。それぞれに楽しんでもらえたら」と話した。

 また、横浜市文化観光局長の池戸淳子さんは「横浜らしさを象徴するこの場所で、このようなイベントを開催していただくのは本当にご縁。たくさんの人にこの展示を見てもらい、横浜を代表する企業の歴史を知ってもらい、町のにぎわいづくりを進めていきたい」と話した。

 キリン株式会社コーポレートコミュニケーション部の佐藤啓太さんは「キリンブランドを横断しながら、キリンの歴史を展示するは初の試み。各ブースを楽しんでいただいた後は、キリンのおいしい飲みものを飲みながら、キリンと横浜のかかわりに思いを馳せていただければ。『カンパイ』を切り口に、人と人のつながりを感じてもらいたい」と話す。

 来場者には、#カンパイ展オリジナルコースター2枚と、横浜周辺のおすすめスポットを紹介するクラフトビール&ビールヒストリー@YOKOHAMAマップをプレゼントする。

 開催期間は6月25日~7月25日(平日10時30分~19時・最終入場18時、休日10時30分~21時・最終入場20時)。入場無料(飲みものは有料)。

 キリンは、2018年で代表ブランド「キリンラガービール」誕生から130周年、「キリンレモン」誕生から90周年という節目の年を迎える。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?