見る・遊ぶ

相模鉄道が「星川みほし バースデー記念入場券セット」を販売

上星川駅で発売する「星川みほし バースデー記念入場券セット」

上星川駅で発売する「星川みほし バースデー記念入場券セット」

  •  

 相鉄グループの相模鉄道(横浜市西区北幸2)は、鉄道むすめ「星川みほし」が7月7日に誕生日を迎えることを記念して、「星川みほしバースデーキャンペーン」を7月1日から14日まで実施する。

相鉄線星川駅で販売する記念入場券セットのデザイン

 7月1日から、相鉄線星川駅と上星川駅で「星川みほし バースデー記念入場券セット」を限定2,400セット販売する。

[広告]

 相模鉄道の鉄道むすめキャラクター「星川みほし」の誕生日が7月7日であることから、台紙は七夕をデザイン。新制服を着た「星川みほし」をデザインしたD型硬券普通入場券2枚と記念券1枚がセットとなる。台紙サイズは2つ折りで縦195ミリ×横145ミリ。星川駅と上星川駅でデザインが異なり、販売数は各1,200セット。価格は450円で、購入は1人1回につき3セットまで。発売期間は7月1日~8月31日。

 購入特典として、キャンペーン期間中に購入した記念入場券セットを「そうてつグッズストア」(相鉄海老名駅構内)で掲示すると1セットにつき1枚「星川みほし オリジナルポストカード」をプレゼントする。

 また、バースデー記念グッズとして、そうてつグッズストアで、交通系ICカードなどに重ねて自動改札機などにタッチするとカードの一部が光るICカードケース「星川みほしPIICA(ピーカ)」(1,800円)、「クリアケース」(300円)、「スマホクリーナー」(300円)を発売する。

 「鉄道むすめ」は、トミーテック(栃木県下都賀郡壬生町)が展開する全国の鉄道事業者の制服を着たキャラクターで、相模鉄道では2016年から展開している。キャラクターの名前は、星川駅と上星川駅が由来となっている。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?