天気予報

26

19

みん経トピックス

横浜市が映画「恋雨」と連携カップヌードル館700万人

みなとみらい地区で WFPウォーク・ザ・ワールド 過去最多4707人が参加

 国連世界食糧計画(WFP)を支援するNPO法人国連WFP協会(横浜市西区みなとみらい1)は5月13日、子どもたちの飢餓をなくすことを目的としたチャリティーウォークイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド」を開催した。

 イベントには過去最多となる4,707人が参加し、赤レンガ倉庫や臨港パークなど横浜の名所を巡りました。参加費の一部は、途上国の子どもたちを対象に国連WFPが実施している学校給食支援に充てられる。

 WFPウォーク・ザ・ワールドは、途上国の子どもたちの飢餓をなくすことを目的として2005年にスタートし、今回で13回目。みなとみらい地区の名所を歩く5キロと10キロの2コースを楽しみながら歩く。

 ゲストとして参加した元女子モーグル日本代表の上村愛子さんは開会式で「スポーツをやっていて、食べることをすごく大事にしていた。食事と栄養をしっかり摂れてこそ、朝起きてやる気にあふれ、動き出せると感じる。今回のイベントをきっかけに、今日一日食事を摂れるかどうか、という子どもたちがいることを改めて意識した。参加者の皆さんと横浜の町を歩くことで、そうした子どもたちを少しでも支援できればと思う」と話をした。

 国連WFPは途上国の学校で、毎年およそ2000万人の子どもに給食を届けている。約30円の寄付で、子ども1人に1日分の給食を届けることがでる。今回の寄付金総額は約440万円で、約14万6,000万人の子どもたちに給食を届けられるという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

日本メモリアルパーク内の「帆船日本丸」(横浜市西区みなとみらい2)で5月27日、帆船日本丸が最も美しく見える、29枚すべての帆をひろげる「総帆展帆(そうはんてんぱん)」が行われる。作業はボランティアの方々の協力を得て行われている。帆をひろげる作業時間は10時30分から11時30分頃、帆をたたむ作業時間は15時から16時頃。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング