天気予報

6

3

みん経トピックス

LINKAI横浜金沢が始動高架下タイニーハウスに宿泊

横浜赤レンガ倉庫でいちごの祭典「ヨコハマストロベリーフェスティバル」

横浜赤レンガ倉庫でいちごの祭典「ヨコハマストロベリーフェスティバル」

いちごマーケットで販売中の横浜水産「4種食べ比べセット」

写真を拡大 地図を拡大

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で、「横浜ストロベリーフェスティバル2018」が開催されている。

 2013年にスタートしたいちごの魅力を伝える同イベントは、昨年は19万人を動員したという。今年で6回目。

 会期中は、野外の特設テントで「いちごマーケット」を実施。初出店2店鋪を含む過去最多の20店鋪が出店。いちごの限定スイーツやいちごグッズの販売、市内いちご農家による朝採れいちごの直売などを行う。

 また、会期中はいちごの無料サンプリングを実施。9日=「チーバベリー」(千葉県)、10日=「とちおとめ」(栃木県)、12日=「スカイベリー」(栃木県)が配られる。配布の際は各地のマスコットキャラクターも登場する。

 いちごアトラクションのコーナーでは、いちごをモチーフとしたふわふわ遊具や、いちごのヘルメットをかぶって空高く飛び跳ねることができる、いちごバージョンの新感覚トランポリン「ジャンプゾーン」も楽しめる。

 また、横浜赤レンガ倉庫1号館、2号館のカフェ、レストラン、物販32店舗では、いちごにちなんだメニューやアイテムを販売する。

 開催時間は11時~18時。入場無料。会期は2月12日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

石川町のセイロン紅茶専門店「ミツティー」がリニューアルオープン。新しいパッケージは、スリランカの大地から作る農作物をイメージした
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング