天気予報

10

2

みん経トピックス

エビ40匹分のスープカレー相鉄が100周年記念展

コーエーテクモゲームスがMM21地区の新本社ビル建設に着手 ライブホール「Zepp」を併設

コーエーテクモゲームスがMM21地区の新本社ビル建設に着手 ライブホール「Zepp」を併設

新社屋、複合施設の完成予想図

写真を拡大 地図を拡大

 コーエーテクモゲームス(横浜市港北区箕輪町1)は11月27日、みなとみらい21地区47街区に計画中の複合施設(西区みなとみらい4)を12月1日に着工すると発表した。

 施設は、コーエーテクモグループ経営統合10周年の記念事業として計画され、海外7カ所(アメリカ、イギリス、北京、天津、台湾、ベトナム、シンガポール)に展開する同社グループのヘッドクォーター機能を持つ、最大1,600人を収容する本社オフィスとライブハウス型ホールが、2020年1月に完成する予定。

 ライブハウス型ホールは、Zeppホールネットワークと業務提携し「(仮称)KT Zepp Yokohama」として運営する。スタンディング時で約2,000人を収容する規模で「(仮称)KT Zepp Yokohama」として2020年春に開業する予定。ホール面積は約3,000平方メートル。

 「Zepp」は現在、札幌・東京・名古屋・大阪で展開しており、横浜が開業すると、今年2月開業の「Zepp Osaka Bayside」と2018年度開業予定の「Zepp Fukuoka」に続き、全国で6拠点8カ所目となる。

 複合施設の建物は15階建てで、三菱地所が建設する。施設全体の敷地面積は約8,670平方メートル、全体床面積は約37,000平方メートル。建設予定地には、LIXIL横浜みなとみらいショールームが2016年9月11日まで、スーパーオートバックス横浜みなとみらいが同年10月31日まで営業していた。

 建物には、ライブハウス型ホールのほか、東急ホテルズ(東京都渋谷区道玄坂1)が約230室のホテル「東急REIホテル」を出店する予定。

 同社は、「この国際文化都市・みなとみらい21地区に新設するオフィス及びライブハウス型ホールを、 コンテンツ発信・情報発信や新たなIP(知的財産)展開拠点と位置付ける。この地から、 家庭用ゲーム、スマートフォンアプリといったゲームコンテンツはもちろん、グッズや音楽コンテンツ、 さらにはライブイベントなど多角的なエンタテインメントを全世界に向けて届けていく」としている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

1974年創業の紅茶専門店「サモアール ジョイナス本店」で販売されている数量限定の「レインボーケーキ」(800円)が人気を集めている。7色の虹色のスポンジ生地にレモン風味のバタークリームを重ねたケーキで、SNSに多くの投稿を集めている。同店は、100種類のリーフティーと50種類のオリジナルアレンジティーをそろえる紅茶専門店。営業時間は11時~23時。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング