天気予報

10

2

みん経トピックス

元町にタリーズの新業態店ヨコハマパラトリエンナーレ

三溪園で中秋の名月を楽しむ「観月会」 伝統音楽の演奏も 

三溪園で中秋の名月を楽しむ「観月会」 伝統音楽の演奏も 

十五夜の月を古建築とともに

写真を拡大 地図を拡大

 三溪園(横浜市中区本牧三之谷58)で10月4日から、中秋の名月を観賞する「観月会」が開催される。

 毎年「中秋の名月」に合わせて開催される秋の恒例イベント。今年は中秋の名月が10月4日、満月が6日となる。

 期間中は開園時間を延長した園内で、旧燈明寺三重塔、鶴翔閣などライトアップされた歴史的建造物の幻想的な姿を観賞することができる。また、江戸時代初期の紀州徳川家の別荘建築であった国指定重要文化財「臨春閣」を舞台に日替わりで音楽を演奏する。

 上演スケジュールは、4日=生田流筝曲・三絃(清松会)、5日=琵琶(薩摩琵琶錦心流中谷派襄水会)、6日=北インド古典音楽(寺原太郎・池田絢子)、7日=雅楽(横浜雅楽会)、8日=サックスとピアノで奏でる日本の唄(シャンティドラゴン/金剛督・林あけみ)、9日=バロック音楽(アンサンブル山手バロッコ)。

 三溪園の担当者は「ライトアップされた古建築と十五夜の月を眺めながら、穏やかなひと時をお楽しみいただけたら」と話す。

 観月会の開催時間は18時~21時(入場は20時30分まで)。入園料は大人=700円、小中学生=200円、市内在住65歳以上=200円(濱ともカード提示)。10月9日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

石川町駅近くのアートスペース「gallery fu」で特別展「gift」が開催中。写真は東京藝術大学在学中の彫刻家・白谷琢磨さんの作品《考える葦》
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング