天気予報

13

3

みん経トピックス

ウナギの名店「八十八」復活大さん橋で「リアル謎解き」

横濱媽祖廟で海の神様の生誕祝う「媽祖祭」ー中華街全域でパレード

 横浜中華街で3月20日、「横濱媽祖廟(まそびょう)」(横浜市中区山下町136)にまつられている媽祖の生誕を祝う「媽祖祭」が開催される。

 媽祖は、海の安全や健康、縁結びにご利益があると言われ、主に中国沿岸地方、台湾などで信仰されている女神。日本では15世紀に沖縄・琉球王国で祭られたのが最初といわれ、横浜中華街のほか、箱根や長崎など日本全国約20カ所に媽祖を祭る神社仏閣があるとされている。

 当日は神殿での神事・新生児成長祈願に続き、中華街全域で16時より約2時間かけて神輿巡行(パレード)を実施。媽祖を乗せた神輿が華やかに装飾され、3メートルを超える巨大な将軍「千里眼」「順風耳」のほか、獅子舞や龍舞が街を練り歩く。

 ルートは、横濱媽祖廟~関帝廟通り~地久門~西門通り~善隣門~中華街大通り~南門シルクロード~天長門~横濱媽祖廟。パレードの道中に行われる伝統行事「神輿くぐり」では、信者が頭を下げてひざまずき、神様を乗せた神輿の下をくぐる。

 横浜中華街発展会協同組合は「伝統行事『神輿くぐり』には、観客の方も飛び入りで参加できる。お祭り気分でにぎわう横浜中華街で、春の休日を楽しんでほしい」としている。

 問い合わせは横濱媽祖廟(TEL 045-681-0909)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は、風力発電事業「ハマウィング」に協賛する事業者「Y-グリーンパートナー」を募集している。ハマウィング(横浜市神奈川区鈴繁町)は、2007年3月に稼動を開始。住民有志による「ハマ債風車(かざぐるま)」と企業の協賛による事業で運営され、一般市民が普段入ることのできない瑞穂ふ頭に建設されている。契約期間は5年間、協賛金額は1口あたり100万円/年、総口数25口を募集する。協賛事業者には、グリーン電力証書を発行するほか、発電電力量等を表示する表示盤などに企業名を表示する。
[拡大写真]

VOTE

横浜にIR(統合型リゾート、英称:Integrated Resort、国際会議場・展示施設などのMICE施設・ホテル・商業施設・レストラン・劇場・映画館・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温浴施設などにカジノを含む複合観光集客施設)ができることをどう思いますか?

アクセスランキング