新型コロナ関連速報27日:市内54人/県内16…

プレスリリース

国内最大級の実践者向け「システムズエンジニアリング/MBSE」シンポジウムをライブ配信

リリース発行企業:イノベーティブ・デザインLLC

情報提供:

イノベーティブ・デザインLLC(本社:神奈川県川崎市、CEO:石橋 金徳、以下 当社)は、システムズアプローチによる最新事例を集めた国内最大級の実践者向けイベント「システムズエンジニアリング/Model-Basedシステムズエンジニアリング シンポジウム2021」を2021年2月5日よりオンラインで開催いたします。 【シンポジウム詳細】 https://www.event-forum.jp/mbse2021/




【開催背景】
近年グローバルな流れとして、自動運転技術やIoT、AI、Xaasなど、新しいテクノロジーやサービスの台頭によって、製品・サービスの開発技術やそれらを取り巻く環境は劇的に変化し、あらゆる分野において、複数の領域が複雑に関連し合うシステムを構想、実現するためのアプローチが必要とされています。
日本国内でも自動車、電機、重工業などを中心に「システムズアプローチ」「システムズエンジニアリング」「Model-Basedシステムズエンジニアリング(MBSE)」の活動を進める企業が年々増えており、過去4回のシンポジウムには延べ1000人、170社を超える企業が参加するなど、産業や業界問わず、これらの取り組みがますます注目を集めています。 本シンポジウムでは、先駆的な実践者から直接、経験に基づく事例を共有することで、日本国内のシステムズエンジニアリング、MBSE実践者コミュニティの形成と更なる活性化を目指しています。


【「システムズエンジニアリング/Model-Basedシステムズエンジニアリング シンポジウム2021」概要】
<テーマ・講演内容>

「実践者の語るシステムズエンジニアリング、MBSE」をテーマに計3回のライブ配信形式で実施します。国内メーカー3社からゲストスピーカーを招き、導入における苦労や工夫、開発から得られたヒント、システムズエンジニアの貢献、などについて事例を講演いただきます。
また、豊富なシステムズエンジニアリング、MBSE支援実績を有するシステムズエンジニアによる技術講演を予定しています。

<特徴・対象者>
システム開発現場の臨場感や実際の開発推進における苦労のポイントなど“システムズエンジニアの生の声”を届けるため、全ての講演を対話形式で行います。各講演中には視聴者からチャットで質問を受け付け、リアルタイムにゲストスピ ーカーからのコメントをいただきます。
マネジメント、事業推進、企画、開発などの様々な立場で、システムズアプローチやシステムズエンジニアリング・MBSEの取り組みをこれから始めようとされている方、既に実践している方など、幅広い方々に実践的な知見やノウハウをお届けします。

<開催情報>
■開催日:2021年2月5日(金) 9:30~11:00、2月10日(水) 9:30~11:00、2月17日(水) 9:30~11:00
■開催形式:オンライン上(ライブ配信)
■参加費:無料
■お申込サイト:https://www.event-forum.jp/mbse2021/
■問い合わせ先:イノベーティブ・デザインLLC シンポジウム事務局 (mbse_symposium@innovative-design.jp)

<協賛>
■プラチナスポンサー:パナソニックシステムデザイン株式会社
■ゴールドスポンサー:アイコクアルファ株式会社、株式会社アイティアイディ、株式会社アルゴグラフィックス、サイバネットMBSE株式会社、株式会社図研、ダッソー・システムズ株式会社、株式会社電通国際情報サービス、株式会社日立産業制御ソリューションズ
■シルバースポンサー:株式会社IDAJ、アラスジャパン合同会社、株式会社ディアイスクエア
■主催:イノベーティブ・デザインLLC

【イノベーティブ・デザインLLCについて】
当社は、システムズアプローチによるコンサルティングで国内をリードするシステムデザインファームです。製品やサービスだけでなく、事業やオペレーションなど、コトとモノが複雑に関係し合うあらゆる対象を「システム」として捉え、全体俯瞰的かつ系統的に分析、デザイン、具現化、検証、妥当性の確認などを実践しています。システムズアプローチで複雑な問題を解決し、新価値を創出するソリューションを生み出し世の中に貢献します。
https://innovative-design.jp/

システムズエンジニアリング、Model-Basedシステムズエンジニアリング(MBSE)の応用による様々な「システム」のデザイン、開発、社会実装における支援、コンサルティング、トレーニングの実績は日本国内トップクラス。顧客企業は自動車、電機、情報処理、船舶、重工業、航空宇宙、製薬といった高度な技術系企業を中心にサービス提供企業まで多岐にわたっており、内容も新規事業開発、複数企業連携による新サービス開発、新製品開発など様々です。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?