新型コロナ関連速報21日:市内267人/県内7…

プレスリリース

本厚木ミロードがスマートコインロッカー「株式会社SPACER」と提携、 営業時間に縛られない「ロッカー受取サービス」を開始!

リリース発行企業:株式会社小田急SCディベロップメント

情報提供:

株式会社小田急SCディベロップメント(本社:東京都新宿区 代表取締役:下岡 祥彦)が運営する商業施設「本厚木ミロード」では、スマートコインロッカーを手掛ける株式会社SPACER(本社:東京都港区 代表取締役:田中 章仁)と提携し、本厚木ミロード内の対象店舗商品をロッカーで受け取れるサービスを2020年12月4日(金)より開始します。


 本サービスは、お客さまが「営業時間中に商品を受け取れない」、「商品の受け取り時間を延長してほしい」といった声に対応するべく導入することとなりました。修理に時間を要し受け取りが後日となってしまう商品や、お取り寄せ商品について、本サービスにより施設の営業時間に縛られることなく、いつでも商品を受け取ることが可能となります。
従来のロッカーとは異なり、SPACERのロッカーは安全性に優れており、スマートフォンを鍵にすることで、誰が・いつ・どのロッカーを開けたかを把握できるため、第三者による不正な荷物の持ち出しを防ぎます。これらの安全性に加え、コロナ禍での新しい生活様式において重要な非対面・非接触受け取り、取手部分の抗菌コーティング、キャッシュレス決済を備えた多機能ロッカーとしてのニーズにも応えます。また、一般利用としての荷物の預かりにも対応しているため、本厚木駅周辺のコインロッカーとして駅利用者にもご利用いただけます。                      

        <設置イメージ>                   <設置場所>
本厚木ミロードは、コロナ禍においても地域のお客さまに安心・安全な環境をご提供しながら、多様化するニーズに対応し、より便利にお買い物をお楽しみいただける商業施設の運営を目指してまいります。
~非対面・非接触、抗菌、キャッシュレスのコロナ対応も~

本厚木ミロードがスマートコインロッカー「株式会社SPACER」と提携
営業時間に縛られない「ロッカー受取サービス」を開始!
なお、本厚木ミロードにおける「ロッカー受取サービス」の概要は以下の通りです。
           記
1 名 称 本厚木ミロード「ロッカー受取サービス」
2 開始日時 2020年12月4日(金)10時
3 設置場所 本厚木ミロード(所在地:神奈川県厚木市泉町1-1)
1階 ミロードイースト 「Hibiya-Kadan Style」向かい
4 利用時間 初電~終電
5 設置台数 3台(18口)
6 利用料金 お客さまの受け取り希望日より3日間無料
※お客さまのご都合で延長する場合は24時間あたり400円が発生します
7 対象店舗 ?ウエルシア薬局 地下1階・南館(ドラッグストア)
?マジックミシン(洋服のお直し)
?ロイスクレヨン(レディスファッション)
8 利用方法


9 決済方法 各種クレジットカード(VISA、Master、JCB他)
【参考1】株式会社小田急SCディベロップメントについて
小田急グループにおける商業施設の開発から運営・賃貸までを一貫して担う会社として、2020年
4月1日に「株式会社小田急SCディベロップメント」が設立されました。
●商号:株式会社小田急SCディベロップメント
●本社住所:東京都新宿区西新宿1-8-3
●代表者:下岡 祥彦
●URL:https://www.odakyu-scd.co.jp/company/
【参考2】本厚木ミロード
ミロード1.、ミロード2.、ミロードイースト、小田急ステーションホテル本厚木の4つの建物からなり、約180店の専門店で構成される小田急線本厚木駅直結の複合商業施設です。
●施設名:本厚木ミロード
●延床面積:51,945平方メートル
●店舗面積:17,890平方メートル
●URL:https://www.odakyu-sc.com/honatsugi-mylord/
●営業時間:ミロード1.、2.(レストランフロアを除く)10:00~20:00
ミロード1.6階、7階(レストランフロア)11:00~22:00
※一部、営業時間が異なる店舗がございます
【参考3】株式会社SPACER
●商号:株式会社SPACER
●本社住所:東京都中央区京橋1-3-2 ikat京橋906
●代表者:田中 章仁
●事業内容:SPACER(スペースアール)の運営、販売
●URL:https://spacer.co.jp/
                                                 以上

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?