プレスリリース

ハンドウォーマー機能搭載 モバイルバッテリー OWL-LPB4801シリーズ

リリース発行企業:株式会社オウルテック

情報提供:

株式会社オウルテック(本社:神奈川県海老名市、代表取締役:山本哲也)は、ハンドウォーマー機能を搭載した、容量4800mAhのモバイルバッテリーOWL-LPB4801シリーズを2023年12月上旬より、オウルテックダイレクトにて販売を開始します。



製品概要
本製品は、ハンドウォーマー機能(充電式カイロ)を搭載した、容量4800mAhのモバイルバッテリーです。普段はモバイルバッテリーとして使える一方で、冬場や寒い場所では充電式カイロとしてお使いいただけます。
◆ 製品ページhttps://www.owltech.co.jp/product/lpb4801
◆製品購入ページ:https://direct.owltech.co.jp/shopdetail/000000002617/
◆オウルテックダイレクト価格:4,480円


製品特徴
◆1台でカイロとモバイルバッテリーの2役。環境にやさしく、もしもの時に心強い

充電式カイロなので繰り返し使え、使い捨てカイロのように毎回ゴミが出ず、家庭ゴミの削減にもつながります。さらにモバイルバッテリーとしても使えば、アウトドアや万が一の防災グッズとしても活躍します。


◆電源を押してすぐに使える
電源ボタンを押してから本体が温まるまでの時間はたったの5秒。約42℃の温度設定で最大約5.5時間使用できます。デスクワークはもちろん、愛犬とのお散歩や通勤シーンなどの外出時でも長い時間温かさを保ちます。
※ハンドウォーマー機能を使用する際は専用ポーチに入れて使用してください。また長時間使用する際は同じ部位を温め続けないでください。低温やけどのおそれがあります。

◆簡単操作。2つの温度に切り替えができる
操作も非常に簡単で、モバイルバッテリーとして使う場合は電源ボタンを1回短押し、ハンドウォーマーとして使う場合は2回短押しするだけで電源が入ります。
ハンドウォーマー機能では約42℃/約50℃の2段階で温度調節が可能。手がかじかむような寒さでは50℃に、身体が温まってきたら42℃に、といったように環境に応じた設定温度の使い分けができます。
※安全のため、モバイルバッテリーの充電とハンドウォーマー機能の併用はできない仕様となっています。


◆スマートフォンを約1.6回満充電できる
Type-Aポートにスマートフォンを接続すれば、最大約1.6回※充電ができるモバイルバッテリーとして使用できます。コンパクトなサイズなのでどこにでも持ち運びできます。
※iPhone SE(第3世代)を充電した場合です。機種により充電回数は異なります。
※接続機器への充電はType-Aポートからのみとなります。

◆充実した付属品
付属品のストラップで本体の落下を予防できます。専用ポーチは持ち運びや低温やけどの防止に。充電用ケーブルは本製品の充電や対応機器の充電に使えるので、ご購入後すぐにお使いいただけます。

【品質保証について】
本製品は日本で企画/設計検証/製造管理を行った安心の日本品質です。お客様に安心お使いいただけるように日本国内での正常な使用で生じた不具合や故障については1年間を製品保証期間とし、無償で交換対応致します。お客様が安心して長くお使いいただける製品品質と併せて、サポート体制もご用意しております。

◆PSE適合製品
日本の法律である「電気用品安全法」で定められた検査を実施したPSE適合製品です。安心・安全にご利用いただけます。

◆【製品仕様】
◆商品名:モバイルバッテリー(ハンドウォーマー機能付き)
◆型番/カラー:
 OWL-LPB4801-BL/ブルー
 OWL-LPB4801-PK/ピンク
 OWL-LPB4801-WH/ホワイト
◆内蔵バッテリー:リチウムイオン電池3.7V/4800mAh 17.76Wh
◆定格入力:DC5V/2A(Type-C)
◆定格出力:DC5V/2.1A(Type-A)
◆充電時間:約3時間
◆ハンドウォ-マー設定温度;約42℃/約50℃(2段階)
◆ハンドウォ-マー連続使用時間:約3.5~5.5時間
◆サイズ:約41(W)×31(D)×110(H)mm
◆重量:約119g(本体のみ)


株式会社オウルテック https://www.owltech.co.jp/
神奈川県海老名市に本社を構えるデジタルアクセサリーメーカー。設計・開発・製作・検査などのために必要な設備機器を自社内に備えており、すべてのお客様からのご要望にお応えできるよう、製品の不具合や問題に対応できる検査/試験設備環境を整備しております。変化の速いこれからの時代や環境に柔軟に対応し、メーカーとして培ってきた技術やノウハウを発展・向上させ、安心感のある企業を目指していきます。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース