新型コロナ関連速報:市808人/県2620人

プレスリリース

AI画像判定サービスMMEye、「FOOMA JAPAN2022」に出展

リリース発行企業:株式会社YE DIGITAL

情報提供:

2022年6月7日(水)~から4日間、東京ビックサイトで開催される「FOOMA JAPAN2022」において、関東混合機工業様ブース内に、YEデジタルの提供する、AI画像判定サービス「MMEye」を出展いたします。 https://www.ye-digital.com/


株式会社YE DIGITAL(※1、以下 YEデジタル)の提供する、AI画像判定サービス「MMEye」はこの度、2022年6月7日(水)~10日(金)の4日間、「東京ビックサイト」で開催される「FOOMA JAPAN2022」(国際食品工業展)の関東混合機工業株式会社(※2、以下 関東混合機工業)ブース内に出展いたします。


展示内容

検査品質向上・人手不足等の課題解決を支援する『AI画像判定サービス MMEye』




・AI画像判定デモ機を展示。
不良品判定の様子をリアルタイムでご覧いただけます。


展示会開催概要

名  称 :FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)
開催日時 :2022年6月7日(火)~10日(金) 10:00~17:00
会  場 :東京ビッグサイト
      https://www.bigsight.jp/visitor/access/
出展ブース:東3ホール C-65 関東混合機工業ブース内
主  催 : 一般社団法人 日本食品機械工業会
後  援 :農林水産省/厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構 (順不同、予定)


FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)は、食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案することを目的として開催される展示会です。

関東混合機工業は、業務用縦型ミキサーの製造・販売のほか、お客様の要望に応えるため、省力化・効率化にも取り組んでいらっしゃいます。
今回、MMEyeが検査工程の省人化に活用できるという評価いただき、同ブース内に出展をさせて頂くこととなりました。


※1 株式会社YE DIGITAL:本社 北九州市小倉北区 代表取締役社長:玉井 裕治
※2 関東混合機工業株式会社:本社 東京都板橋区 代表取締役社長:林 純一

※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

(会社概要)
<商号> 株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)
<設立>
1978年2月1日
<代表者> 代表取締役社長 玉井裕治
<本社所在地>福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル
<事業内容>
・ビジネスソリューション

‐ ERPグローバル展開支援
‐ 顧客業務システム導入
‐ 健康保険システムの構築
‐ システムコンサルティング
・ IoTソリューション
‐ ソーシャルIoT
‐ AI・ビッグデータ分析
サービスビジネス
‐ 運用支援
‐ アフターコンサル
<沿革>
・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転
<企業ホームページ>
https://www.ye-digital.com/

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース