フォトフラッシュ

農家と消費者をスポーツのクラブチームのようにつなげるコミュニティづくり

 横浜市立大学は、横浜在住・在勤・在学者のためのまちづくりプロジェクト「横浜をつなげる30人」を実施している。同プロジェクトの1期生が取り組む、横浜野菜を身近に感じるためのプロジェクト「ヨコハマランド」は、農業を取り巻く多様な問題を消費者視点・生産者視点の両面から解決しようと考えている。農家を選手、消費者をサポーターに例え、クラブチームのような双方が支え合えるコミュニティの構築を目指す。写真中央は白井農園(保土ヶ谷区)の白井さん、左右はプロジェクトメンバー。白井さんは「おいしい食べ方を教え、後日感想を伝えてもらうときにやりがいを感じる」と話す。

  • 0

  •  

横浜市立大学は、横浜在住・在勤・在学者のためのまちづくりプロジェクト「横浜をつなげる30人」を実施している。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース