新型コロナ関連速報18日:市内86人/県内24…

フォトフラッシュ

相鉄・東急直通線は2022年度下期に開業

2022年度下期には「相鉄・東急直通線」の開業も予定する。相鉄・東急直通線は、神奈川東部方面線の機能の一部として、相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大駅から新横浜を経由し、東急東横線・目黒線日吉駅までの区間に連絡線約10キロを整備する。営業主体は、相模鉄道と東京急行電鉄。連絡線の整備により、相鉄線と東急線との相互直通運転が可能となり、広域鉄道ネットワークの形成と機能の高度化が図られるとともに、速達性の向上、新幹線アクセスの向上、JR東海道線などの既設路線の混雑緩和や乗換回数の減少、沿線地域の活性化などが期待されている。

  • 52

  •  

相鉄グループは2021年度、運輸業に総額165億円(鉄道事業157億円・バス事業8億円)の設備投資を実施する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース