新型コロナ関連速報:市内148人/県内318人…

フォトフラッシュ

「食と農の祭典」横浜農場の地産地消野菜を市役所で 羊のショーンも

横浜市は横浜みどりアップ計画で、毎年11月を地産地消月間としており、11月5日、横浜市役所1階アトリウムで「ミニ食と農の祭典2020@横浜農場」を開催する。「食と農の祭典」は、地産地消月間のメインイベントとして、2011年からみなとみらい地区で開催。今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年よりも規模を縮小して開催する。港北区の農家による野菜満載の「野菜の宝船船」の展示や、ひつじのショーンとの撮影コーナーもある。先着500名様には記念品あり。11時~15時。

  • 49

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース