新型コロナ関連速報28日:県内過去最多・千人超…

フォトフラッシュ

横浜市立大学が新型コロナ検出用の抗体の作製に成功 簡易検査キット開発を目指す

横浜市立大学は4月20日、大学院医学研究科の梁明秀教授を中心とした共同研究グループが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原を特異的に検出できるモノクローナル抗体の開発に成功したと発表した。作製した抗体は、近縁のSARSコロナウイルスや風邪の原因となるヒトコロナウイルスとは交差反応を示さず、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけに反応する。今後、この抗体を用いることで、簡便に短時間に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけを正しく検出できるイムノクロマトキットの開発を目指す。新型コロナウイルスであることを迅速に特定して、即時対応ができるようになれば、適切な医療や感染の拡大阻止につながり、今後、迅速診断法を確立し、精度の向上を図ることができれば、PCR検査との感度比較を行った上で、PCR検査前のスクリーニング検査として使用できる可能性があるという。 ※ヨコハマ経済新聞編集部による「横浜市 新型コロナウイルス関連情報まとめ」はこちら

  • 1057

  •  

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース