3密を避けて新しい生活様式へ!

フォトフラッシュ

横浜駅東口~山下ふ頭間の連節バス「BAYSIDE BLUE」車両イメージ

横浜市は1月20日、山下ふ頭に暫定交通広場とバス待合所を開設した。山下ふ頭と横浜駅を結ぶバスの発着拠点となる。山下ふ頭では、再開発に向けて更地化した山下公園側の約9ヘクタールの土地を活用したにぎわい創出に取り組む。東京オリンピックの開催期間中はホテル不足を補うため、停泊するクルーズ客船をホテルとして活用する「ホテルシッフ?」を実施、10月1日からは「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として「18メートルの実物大ガンダム」の公開を予定する。バス待合所の建物面積は323.3平方メートルで、219席を用意。6月までは客船着岸のみ開場。今後、待合所内ではサイネージ等による観光PRの実施を予定する。(画像提供=横浜市交通局)

  • 0

  •  

横浜市は1月20日、「ホテルシップ」や「18メートルの実物大ガンダム」が設置される山下ふ頭に、暫定交通広場とバス待合所を開設した。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?