新型コロナ関連速報7日:市内597人を確認

フォトフラッシュ

横浜市水道局職員4人が熊本地震の被災地に給水袋1万袋を届けに出発 被害状況の現地調査も

横浜市水道局が熊本県熊本地方を震源とする「熊本地震」の被災地に、職員4人を派遣し、1袋6リットルの背負い式給水袋10,000袋を送るとともに、現地の被害状況などの調査を行う。派遣体制は土木職3人、事務職1人。4月17日17時30分に出発式が行われ水道局のワゴン車2台が出発した。

  • 0

  •  

横浜市は4月14日から現在まで続いている「熊本地震」を受け、物資や職員を送る被災地支援を行っている。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

相鉄・東急 新横浜線 2023年3月開業予定 どう思う?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース