フォトフラッシュ

横浜国際総合競技場が「2019年ラグビーワールドカップ」日本大会競技会場に決定

2019年に日本で開かれるラグビーワールドカップの開催都市と競技会場が発表され、横浜国際総合競技場(日産スタジアム、横浜市港北区)が選ばれた。横浜市と神奈川県は、アジアで初開催となる「ラグビーワールドカップ2019」の開催都市に共同で立候補していた。横浜市中区で開催された開催都市発表会パブリックビューイング会場には、神奈川県と横浜市のラグビー関係者のほか、林文子横浜市長や黒岩祐治神奈川県知事らが参加し、喜びを分かち合った。発表会はアイルランドのダブリンで行われた。横浜でのパブリックブーイング会場の写真はこちら

  • 0

  •  

横浜ベイクォーター(横浜市神奈川区金港町1)は今春、神奈川エリア初、横浜エリア初出店を含む5店舗を新たにオープンする。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース