新型コロナ関連速報4日:市783人/県2606…

買う

横浜人形の家でファッションドール「ブライス」15周年企画展 300体が集結

ブライスの着せ替えコーナーも

ブライスの着せ替えコーナーも

  • 0

  •  

 横浜人形の家(横浜市中区山下町18)でファッションドール「ブライス」の企画展 ブライス15thアニバーサリーエキジビション「スウィート セレブレーション」が開催されている。

毎年一度発売されるアニバーサリードール

[広告]

 ブライスの日本デビュー15周年を記念した特別企画となる同展では、歴代のブライスから最新作まで約300体のブライスを一挙に展示し、ブライスの魅力とその歴史を紹介する。

 ブライスは、1972年にアメリカ・Kenner社で1年間のみ制作販売された幻の人形(通称ヴィンテージ)。グレープフルーツ程の大きな頭にきゃしゃなボディ、4色(ピンク・ブルー・グリーン・オレンジ)に変化する大きな瞳が特徴。日本のクロスワールドコネクションズ(CWC)のプロデュースにより、2001年6月より復刻版(ネオブライス)が発売されている。

 会期中は、2017年1月までに発売のネオ・ミディブライスを初展示するほか、毎年一度発売されるアニバーサリードールも全て展示。さまざまなブランドやキャラクターとのコラボレーションブライスも紹介する。

 そのほか、関連イベントとして、好きなブライスの写真を選んで缶バッチをつくる「ブライスの缶バッジをつくろう!」(2017年1月8日・9日)、ブライスのヘアアレンジワークショップ「初心者でも安心。簡単ヘアアレンジ!」(2017年1月22日、事前予約制)を実施する。

 同館の担当者は「1年の記念のアニバーサリードールから、 ファッションブランドとのコラボドール、マンガやアニメーションの登場人物にふんしたコラボドールまで個性豊かなドールたちが大集合する。集大成ともいえるスペシャルな展示でブライスの魅力にふれてもらえたら」と話す。

 会場は横浜人形の家 3階「第三展示室」。開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)。月曜休館。観覧料は、大人300円、こども150円(別途入館料が必要)。2017年1月22日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース