学ぶ・知る

富士ゼロックス R&Dスクエアで「横浜ガジェット祭り」 体験型交流イベント

地震波計測センサー(出展:横浜市立大学金亜伊研究室)

地震波計測センサー(出展:横浜市立大学金亜伊研究室)

  • 0

  •  

 富士ゼロックス R&Dスクエア(横浜市西区みなとみらい6)で11月17日~18日、「横浜ガジェット祭り 2016」が開催される。

 「横浜ガジェット祭り」は、手作りガジェットや発売されたばかりの製品を、直接見たり、触ったり、幅広く開発者に話を聞ける場として、2015年から始まった体験型交流イベント。昨年は400人以上が集まったという。

[広告]

 イベントは展示と講演があり、展示ブースでは等身大3D LEDディスプレイや電子楽器、ドローン、ロボットカー、地震波計測センサー、自作ロボットなど約40点の作品の紹介が行われる。

 講演は、17日に「オープンデータ推進・オープンイノベーションによる『まちづくり』」(横浜コミュニティデザイン・ラボ 杉浦裕樹代表理事)、「IoTビッグデータと人モノの位置情報を見える化する」(インフォキューブLAFLA 田中健吾代表取締役社長)。18日は「みんなで創るスポーツとテクノロジー~超人スポーツハッカソンの取り組み~」(慶應義塾大学 南澤孝太准教授)と、横浜市によるイノベーションの取り組みを紹介する「横浜市の公民連携(共創)について」(横浜市政策局共創推進課)が行われる。

 イベントを主催する富士ゼロックスの高瀬恵子さんは「産官学の垣根を越えて、オープンイノベーションをすすめ、人も企業も輝く街横浜を盛り上げていきたいと思う」と話している。 

 参加費は無料。開催時間は17時30分から21時。会場は富士ゼロックス R&Dスクエア 3階「お客様共創ラボラトリー」。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?