買う 学ぶ・知る

アマゾン「Prime Now」が横浜進出 1時間以内に商品配送

Prime Now専用車両と配達員

Prime Now専用車両と配達員

  •  

 オンラインストアAmazon.co.jpは1月26日から、注文後に商品を1時間以内で届けるAmazonプライム会員向けサービス「Prime Now(プライム ナウ)」のサービス対象エリアを横浜にも拡大した。

「Prime Now」アプリ画面

 Prime Nowは、昨年11月19日に東京23区内で国内で初めてサービスを開始。専用アプリを利用して、食品・飲料品や洗剤・ベビー用品などの日用品、文具、家電、ギフトなど15,000点以上の商品から注文できる。

[広告]

 利用できるのは年会費3,900円のAmazonプライム会員本人(無料体験期間中含む)と家族会員、Amazonファミリー会員、Amazon Student会員。1回2,500円(税込)以上の注文で、1時間以内配送(890円)と2時間単位の配達時間が選べる2時間便(無料)がある。配送状況はGPS機能を使って地図上で確認でき、注文時に配送方法の詳細を指示することで、外出先などでも受け取ることができる。

 今回追加された横浜市内のサービス対象エリアは旭区、保土ヶ谷区、磯子区、神奈川区、港北区、緑区、南区、中区、西区、鶴見区、都筑区で、新子安に専用倉庫を設けることで実現した。

 アマゾン ジャパンの広報部は「注文を受けてからお客様の手元にお届けするまで、ビジネスパートナーと連携しすべて専用の体制で運用している。日用品だけでなく、さまざまなバリエーションを用意しているのがポイント」と話す。

 同サービスは現在、調布市・狛江市や川崎市の一部、大阪府・兵庫県の一部でも展開。今回のエリア拡大に伴い全対象エリアで卵と牛乳、月刊誌の取り扱いも開始している。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?