暮らす・働く

米軍消防隊とサンタが入院中の子どもたちにクリスマスプレゼント 南区・こども医療センター

米軍の消防車を使用した放水体験も

米軍の消防車を使用した放水体験も

  •  
  •  

 神奈川県立こども医療センター(横浜市南区六ツ川 2)で12月24日、米海軍日本管区司令部関東地区消防隊(以下、米軍消防隊)によるクリスマスイベント「サンタと一緒に『こども病院』に行ってクリスマス・プレゼントをしよう!!」が行われた。

病棟を回ってプレゼントを配布するサンタ

 米軍消防隊は2006年からファイヤーファイター・アソシエーション(以下、FFA)を立ち上げ、Tシャツやタオルなどのオリジナルグッズを制作・販売。これまでに神奈川県内の27の児童養護施設を回り、売上金を寄付する活動を行ってきた。

[広告]

 今回のイベントは、入院中で自宅で家族と触れ合うことができない子どもたちや、外来で受診している子どもたちの励ましになればと企画。当日はアメリカ人サンタクロースと消防士が病棟を回って子どもたちにプレゼントを配布し、米軍消防隊隊員による消防車を使用した放水デモンストレーションや、子どもたちによる放水体験、消防自動車の乗車体験、米軍の爆発物処理班が実際に使用しているロボットの操作体験などが行われた。

 「体験型のイベントでは、普段は大きな声を出さないような子どもたちが生き生きとしていた。その姿を見た親御さんも喜んでくれた」と同センターボランティアコーディネーターの加藤悦與さん。

 今回の企画を担当した米海軍横須賀基地消防隊の通訳運転手・加瀬哲也さんは「子どもたちの笑顔が見れて逆に我々が元気をもらった。このようなイベントができた事を誇りに思う」と話した。

 こども医療センターは、病気や障害のある子どもたちに医療と福祉を一体として提供している総合医療・福祉施設。こども専門病院や障害児入所施設、12の病棟や入院・入所している子供たちが通学する養護学校をセンター内にそなえる。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?