新型コロナ関連速報27日:市内54人/県内16…

見る・遊ぶ

みなとみらい21地区でクリスマスの風物詩「オフィス全館点灯」 21施設が参加

写真提供:(社)横浜みなとみらい21

写真提供:(社)横浜みなとみらい21

  • 0

  •  

 みなとみらい21地区で12月24日、クリスマスの風物詩「TOWERS Milight(タワーズ ミライト)~みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ~」が開催される。

ナビオス横浜周辺は5,000個のキャンドルが灯る「横濱キャンドルカフェ」も

 同地区のオフィスビル群が全館一斉に点灯し、街全体を一つのクリスマスイルミネーションとして華やかに演出する。イベント当日は毎年、夜景を楽しむ写真愛好家や来街者でにぎわう。主催は横浜みなとみらい21。

[広告]

 参加施設は、横浜ランドマークタワー、クイーンズタワーA・B・C各棟(クイーンズスクエア横浜)、富士ソフトビル、日石横浜ビル、横浜銀行本店ビル、三菱重工横浜ビル、県民共済プラザビル、横浜メディアタワー、MMパークビル、シンクロン本社ビル、日産自動車グローバル本社、パシフィコ横浜(会議センター)、横浜ブルーアベニュー、富士ゼロックス R&Dスクエア、みなとみらいセンタービル、TOCみなとみらい、横浜三井ビルディング、横浜アイマークプレイス、みなとみらいグランドセントラルタワー。計21施設。点灯時間は16時30分~21時30分。

 みなとみらいではTOWERS Milightのほか、運河パーク、ナビオス横浜周辺で5,000個のキャンドルが灯る「横濱キャンドルカフェ」(12月23~24日)などさまざまなイルミネーションイベントが行われる。

 横浜みなとみらい21の担当者は「今年は桜木町をはじめとする各スポットにもキャンドルを設置。輝くみなとみらい地区で幻想的な街探索を楽しんでもらえたら」と話す。

 みなとみらいのオフィス全館ライトアップは、地球温暖化防止に配慮し、グリーン電力証書を活用して全国のランドマーク施設や大型商業施設などのイルミネーションの電力をグリーン電力でまかなうという取り組み「グリーンエネルギー・クリスマス」に2008年から参加している。バイオマスから生まれたグリーン電力を利用し、今年のグリーン電力総量は約24,150kwh(キロワットアワー)、延床面積は約2,138,700平方メートル。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?