学ぶ・知る

日ノ出町に3D設計・出力ができる会員制作業スペース「SYQ LABORATORY」

左から「SYQ」特別顧問の猪狩淳夫さん、代表取締役の征矢直人さん、「SYQ LABORATORY」スタッフの高橋浩二さん

左から「SYQ」特別顧問の猪狩淳夫さん、代表取締役の征矢直人さん、「SYQ LABORATORY」スタッフの高橋浩二さん

  • 0

  •  

 横浜市中央図書館近くに7月18日、CADソフトウェアを使った3Dデータ作成や3Dプリンターによる出力ができる会員制作業スペース「SYQ LABORATORY」(横浜市中区宮川町3、TEL 045-222-8372)がオープンした。

フィラメント方式の3Dプリンターで出力されたカップホルダー

 運営は自動車部品の設計などを手がける「SYQ」(中区海岸通4)。3次元CADソフト「SolidWorks(ソリッドワークス)」をインストールしたマシンと、ハンディー式の3Dスキャナ、フィラメント方式の3Dプリンター、光造形3Dプリンターをそなえる。常駐する専門スタッフによるサポートを受けながら設計作業ができるのが特徴。

[広告]

 カップホルダーをデータから作成するワークショップなど、一般向けのプログラムも用意し、「野毛山動物園や図書館の帰りに気軽に使っていただけるようにしたい」(代表の征矢直人さん)とする一方で、技術者同士がスキルを高め合うコミュニティスペースとして機能することも目指す。

 征矢さんは「カフェとコラボし、ノマドワーカーが集まるような場所にしたり、講座やワークショップを充実させて学校のようにしたり、利用者の反応を見てさまざまな試みを行っていきたい」と話す。

 会費は月1万円。営業日は土曜・日曜・祝日で、営業時間は10時~18時。使用上限は1日2時間、1カ月16時間まで。8月29日には、利用方法やプログラムについての説明会と、懇親会が行われる。詳細はホームページから。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?