新型コロナ関連速報19日:市内2631人を確認

関内で「マーケティング・センスの磨き方」の著者・黒澤晃さん迎え公開トーク

中区本牧在住の黒澤晃さん

中区本牧在住の黒澤晃さん

  • 0

  •  

 関内・桜通り沿いのシェアスペース「さくらWORKS<関内>」(横浜市中区相生町3)で7月14日、「マーケティング・センスの磨き方」(マイナビ新書)を刊行した、黒澤 晃(くろさわ・あきら)さんを招いた公開トークが行われる。

[広告]

 本の著者や編集者などを招く「ラボ図書環オーサートーク」の一環。26回目を迎える今回は、ワークショップの形式を取り入れつつ、「ちょっとした言葉のセンスで、あなたのビジネスは代わる」をテーマに話をする。

 黒澤晃さんは1978年、広告会社・博報堂に入社。コピーライター、コピーディレクターを経て、クリエイティブディレクターになり、数多くの企業の広告制作に携わる。また、マーケティング戦略を立案し、新発売から手がけたいくつもの商品をブランドとして確立、日経広告賞など多数の賞を受賞してきた。2003年から、同社でクリエイティブマネージメントを手がけ、クリエイターの人事・育成・教育なども行ってきた。2013年に退社し、横浜市中区に黒澤事務所を設立した。

 当日は、博報堂のクリエイティブディレクターとして数々の優れた広告をつくってきた著者が、キャッチフレーズやスローガンなどの言葉ひとつで、ビジネスが動いた事例とその仕組みについて紹介するほか、マーケティングのコツや法則を伝授する。今年2月に出版した「マーケティング・センスの磨き方」の割引販売も行う。

 黒澤さんは「ビジネスに限らず何か実現したいことがある人にとって『マーケティング』は役に立つ。人が内面に持っている心のボタン『インサイト』をうまく押してあげることにより、人の気持ち・欲望に入り込むエモーショナルなマーケティング手法について話をしたい」と語る。

 開催時間は18時30分~21時。参加費は1,000円(ワンドリンク付、学生500円)。主催はNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(中区相生町3)。

 会場となる「さくらWORKS<関内>」は、1970年築の「泰生ビル」事務所物件をリノベーションしたシェアスペースで、現在約65団体が入居している。業務用キッチンを備えた多目的スペースでは、講座やワークショップなどのイベントが行われている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース