新型コロナ関連速報15日:市3748人/県90…

食べる 見る・遊ぶ

フランス文化の祭典「横浜フランス月間」が開幕 映画やダンス、美食セミナーも

「写真展 マイア・フロール」©DR

「写真展 マイア・フロール」©DR

  • 0

  •  

 横浜市内で5月31日、フランス文化の祭典「横浜フランス月間2015」が開幕した。

[広告]

 横浜フランス月間は、2005年から毎年開催されているフランス文化の祭典。会期中は、横浜市内の美術館、劇場、アートスペース、レストラン、企業などが協働で、フランスをテーマにした映画、写真展、ダンス公演、美食セミナーなど多彩なイベントを実施する。開催期間は5月31日から7月15日。主催はアンスティチュ・フランセ横浜(横浜市中区尾上町5)。

 プログラムは、写真展マイア・フロール「ImagineFrance -幻想的な世界へ-」(6月19日~28日)、気鋭の振付家によるダンス交流プロジェクト「ダンスクロス」(7月3日~4日)、シャンソンやフランス歌曲をフレンチと楽しむ「バルブのランチコンサート~五感で楽しむフランス~」(6月16日)、チーズセミナー「フレッシュ・チーズ」(7月11日)、日本三大ドヤ街の寿町を舞台にした「寿町野外映画上映会:コトブキシネマ meets フランス」(7月3日~4日)、シネマ・ジャック&ベティ「フランス映画特集」(6月6日~7月17日)など。

 6月10日には、大倉山記念館・ホール(港北区大倉山2)で、講演会「幕末・明治の奇想の絵師、河鍋暁斎とフランス」(主催:横浜日仏友好会)を開催。遺作「暁斎百鬼画談」を復刻し、未紹介の作品をフランスで発見したクリストフ・マルケさんが暁斎の魅力を語る。

 アンスティチュ・フランセ横浜の大藤理恵さんは「オープニングは、柏崎副市長、横浜市芸術文化振興財団の島田専務理事、フランス大使館のテュオーデ文化参事官がお祝いに駆けつけて下さり、華やかに幕開けした。今年で11周年を迎えるフランス文化の祭典で、フランスの美食文化や芸術の奥深さに触れていただけたら」と話している。

 アンスティチュ・フランセ横浜は在日フランス大使館直属の公式文化・教育機関。1990年5月、横浜市の協力のもと横浜日仏学院として設立。2012年9月に国内の日仏学院・学館が在日フランス大使館文化部と統合し、アンスティチュ・フランセ横浜に名称変更した。フランス語講座をはじめ、ワインテイスティングやフランス文学などの文化講座、子どものための講座など約80クラスを用意する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース