天気予報

20

12

みん経トピックス

横浜で「ベーグル定食」「まれ」コラボの横浜みやげ

スリーエフが卵白を使った新食感デザート「ふわぽにょ」を発売

スリーエフが卵白を使った新食感デザート「ふわぽにょ」を発売

カスタードクリームを、卵白入りのもち粉でつくったふわふわ生地で包んだ新食感デザート「ふわぽにょ」

写真を拡大 地図を拡大

 横浜に本社を置くコンビニエンスストア「スリーエフ」(横浜市中区日本大通17)は4月22日から、もち米の粉をつかった同社の人気デザート「F STYLE (エフスタイル)もちぽにょ」の新シリーズとして、卵白を使った「ふわぽにょ」の販売を開始した。

スリーエフのオリジナルデザート「ふわぽにょ」のパッケージ

 「もちぽにょ」は、2013年11月22日の発売以降、シリーズ累計で820万個を売り上げている人気商品。4月29日に発売予定の「大人ぽにょ黒蜜きなこ」(140円)を含む18のフレーバー(復刻版込み)がこれまでに開発されている。

 今回の「ふわぽにょ」は、もちぽにょ同様にもち米粉を使いながらも、さらにふわふわな口どけを味わってもらおうと、卵白を加えている点が特徴となっている。

 一見大福にも見えるシンプルな形だが、食べるともち部分がふわふわとくずれ、中にあるトロッとしたカスタードクリームが口の中に広がり、「もちぽにょ」よりさらに柔らかな食感が楽しめる。

 広報の遊田久美子さんは「ふわぽにょは、もち生地に卵白を加え、マシュマロのような食感を再現した。『和菓子かな?』と思って食べると、これまでにないふわふわな口溶けで、意外性がある楽しさも味わってほしい」と話している。

 「F STYLE ふわぽにょ」は108円でエネルギーは145カロリー。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜ベイクォーター(横浜市神奈川区金港町1)4階に4月28日、大阪・南堀江発のインテリアショップ「リビングハウス」がオープンする。カフェは、 関西で人気の「TABLES」がプロデュースする新業態のオールデイカフェ「tables cook & LIVING HOUSE(タブレスクックアンドリビングハウス)」が出店。素材と健康にこだわった「大人の女性のための料理」を提供する。写真は、フレッシュとコンポートの2種類のイチゴに練乳ソースで仕上げたパンケーキ「ストロベリーミルク」。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング